【資格取得】資格受験で不合格を繰り返す人に向けたメッセージ

スポンサーリンク
資格取得・マインド(共通)

前回は、「【資格取得】一発合格の精神衛生上のメリットについて」説明しましたが、今回は、逆の立場にある「不合格を繰り返す人に向けたメッセージ」を記載します。

1.資格受験で不合格を繰り返す人に向けたメッセージ

まず、同じ資格の受験で不合格を繰り返す人は、なぜその資格を受験するのか今一度考え直す必要があると思います。理由としては、

1.惰性で受験し続けている。
2.会社要請で受験し続けている。
3.受け続けていると運良く合格できる可能性がある。

などが、挙げられます。

1.惰性で受験し続けている人へのメッセージ

まず、1つ目の惰性で受験し続けている人は、1回目の受験動機を今一度振り返り、本当に自分に必要な資格なのかを再検討した方が良いと思います。それほど本気になれないのは、その資格が無くても問題ないのではないでしょうか。再検討してみて受験動機があいまいな方は、前の記事で「【資格取得】一発合格の優位性についてhttps://www.licenseengineer.com/archives/201」で述べた通り、中途半端な学習で不合格を繰り返すことで、時間の無駄になるため、その資格受験から撤退することも手だと思います。受験動機で必要性が明確なのであれば、次回の合格に向けて、今までと違う覚悟と行動が求められると思います。

2.会社要請で受験し続けている人へのメッセージ

2つ目の会社要請で受験を続けている人は、不合格を繰り返すことで、会社での本人評価を下げているものと認識した方がよいと思います。いっそのこと「業務に専念させていただくため、今後受験しません」と言った方が、潔いのではないでしょうか?ただ、それが会社側で受け入れられないのであれば、会社としても絶対取ってほしい資格なので、その会社に居続ける限り、次回の合格に向けて、今までと違う覚悟と行動で受験する必要があると思います。

3.受け続けていると運良く合格できる可能性があると思っている人へのメッセージ

3つ目は、受け続けていると運良く合格できる可能性があると思っている方です。確かに、その年によって合格率が高い年や自分の得意な問題が出る年はありますが、そもそもある程度の学習ベースは必要です。資格受験の動機が明確なのであれば、運に頼らず、自分の学力を高めて、自力で合格できるよう覚悟と行動が必要だと思います。

2.まとめ

以上、同じ資格を毎年受験している人の3つの理由について挙げて、翌年も受験する動機が明確なのであれば、覚悟と行動が必要だと言うメッセージを述べさせて頂きました。

次回は、覚悟と行動を今までと変える人に向けた「【資格受験対策】 学習計画スケジュールの立て方」について紹介します。

以上

<通信講座の紹介>

かつて私が受講し合格できた「挑戦!電験二種受験合格講座」を初め、電験3種、電工1・2種、消防設備士、危険物取扱者、1・2級土木施工管理技士など豊富なエンジニア系の通信講座を扱っています。「挑戦!電験二種受験合格講座」のテキストは、東電の方をメインとして各部門のエキスパートの方が、それぞれの専門分野を章毎に執筆しています。また、質問券に対して丁寧な回答を頂きました。貴重で密度の濃い通信講座です。↓

【ヒューマンの通信講座*『たのまな』】
全国にスクールがある『ヒューマンアカデミー』の通信講座。講座は130以上!


スタディング技術士講座
(短期間で技術士に合格!)
1.論文対策・口頭対策をマンツーマン指導
2.経験豊富な講師による二次対策オンライン講座
3.添削機能で直接講師の指導が受けられる
お試し無料講座あり
のある方は、下記をクリックして下さい↓

スタディング技術士講座

以下は、第1種および第2種 電気工事士試験専門の通信講座です。重要なポイントさえ押さえることができれば、短期で対策ができます。電気工事士のエキスパート、早川先生のライブ講義で効率的に短期合格を目指しましょう。↓

【第一種電気工事士 短期合格特別講座】

以下は、施工管理技士の国家試験専門の通信講座で、「電気工事」「管工事」「土木」「建築」「造園」「舗装」「建設機械」に関する「1級」や「2級」、及び「学科/実地」や「実地のみ」とバリエーションが豊富な独学サポートの通信講座です。↓

以下は、電験3種、衛生管理者、危険物取扱者(乙4)、2級土木施工管理技士などのエンジニア資格を扱うeラーニング(インターネット学習)の通信講座です。↓

1級電気工事施工管理技士[独学サポート・実地論文の作成指導あり、※1級電気以外の申込み方は、スマホではなく、パソコンからクリックしてください]

以下は、電気工事士、電験3種、管工事・土木施工管理技士、危険物取扱者、衛生管理者など多数のエンジニア資格を扱う通信講座です。↓

以下は、電験3種、衛生管理者、危険物取扱者(乙4)、2級土木施工管理技士などのエンジニア資格を扱うeラーニング(インターネット学習)の通信講座です。↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました