【資格受験】同じ技術者資格の中でステップアップを踏んで取得した資格毎の体験談 ~電験、技術士、消防設備士~

スポンサーリンク
電気主任技術者(第1種、2種、3種)

 

【資格受験】同じ技術者資格の中でステップアップを踏んで取得した資格毎の体験談 ~電気主任技術者、技術士、消防設備士~

 

私は、技術系の資格を複数取得してきました。

そのうち同一資格名の中で、ステップアップを踏んで取得した資格と、ステップアップを踏まずに最上位資格にチャレンジした資格があります。

 

前者のステップアップを踏んだ資格は、電験(電気主任技術者 第3種→2種→1種)、技術士(技術士補→一般部門の技術士→総監部門の技術士)、消防設備士(乙種→甲種)です。

 

後者のステップアップを踏まずに最上位資格にチャレンジした資格は、電気施工管理技士(1級)、管工事施工管理技士(1級)、電気工事士(第1種)、衛生管理者(第1種)です。

 

上記に記載した資格については、全てなんとかチャレンジし、取得することができました。

 

今回は、ステップアップを踏んだ資格について、その判断や体験について、紹介します。
(※別な機会に、ステップアップを踏まずに最上位資格にチャレンジした資格についても、紹介する予定です)

 

 

1.電験のステップアップ(電気主任技術者 第3種→第2種→第1種)

 

20代~30代前半にかけて、電験の勉強をしたお陰で、電気回路の計算や電気設備の知識が得られたことが、ベースになり、エネルギー管理士や技術士(電気電子部門)の資格取得にも繋がっていきました。

 

学生時代に、電験の受験勉強をしたこともなく、社会人になって電験資格の存在を知った次第です。

 

よって、さすがに上位資格から手を出すことは、当時、全く考えませんでした。

 

 

まず、第3種電気主任技術者からの勉強に取りかかり、合格後に、第2種の勉強に移りました。第2種の合格を経て、お陰様で第1種まで取得することができました。

 

 

20代~30代前半までの期間で、受験勉強に1番、時間を費やした資格と言えます。

このときの踏ん張りが、仕事の踏ん張りや技術士ほか他の資格の受験による取得の踏ん張りに繋がっていると感じています。

 

2.技術士のステップアップ(技術士補→一般部門の技術士→総監部門の技術士)

 

30代後半~40代前半にかけて、技術士一次試験→技術士(一般部門)→技術士(総合技術監理部門)の受験勉強をしてきました。

 

技術士一次試験は、マークシート方式のため、過去問題を中心とした勉強に専念しました。

 

 

私の場合、JABEE認定校の時代ではないため、一次試験を合格しないと二次試験に進めず、技術士になれませんでした。

 

私も、当初は二次試験まで考えて一次試験を受けた分けではないのですが、一次試験に合格したとたんに、せっかく一次試験に合格したのだし、技術者として一生やっていくなら「技術士」にチャレンジしてみてもいいかなという欲が湧いてきました。

 

技術士二次試験 出願対策  ~実務経歴証明書、及び業務内容の詳細(小論文)の書き方~(2019年度 試験制度見直し以降版 一般部門偏)|ライセンス エンジニア|note
1.はじめに 令和元年度(2019年度)の技術士二次試験において、一般部門(総合技術監理部門を除く20部門)の試験内容は、大幅な変更がありました。 具体的には、筆記試験では、必須科目の択一試験が廃止になり、記述試験となったため、選択科目と合せてオール記述式となった点や、口頭試験では、技術士に求められるコピンテンシ...

 

 

実際に一般部門の二次試験に合格し、一般部門の技術士になってみたら、今度は、様々な技術を束ねるうえで総合技術監理部門にもチャレンジしてみたい欲が湧いてきて、総監にもチャレンジすることにいました。

 

要するに、次のことを考えずに目の前の合格目標に集中し、一つずつステップを踏んできた感じです。

 

 

一次試験合格後に、一般部門と総合技術監理部門の受験を併願するケースもありますが、一般部門と総合技術監理部門の試験を一気に受けることは、同時期に頭に入れなければならない勉強量が膨大になるためスーパースターでない限り、併願受験による合格は厳しいでしょう。

 

「二兎追うものは一兎も得ず」になりかねません。

 

それぞれのステップに一つずつ合格し、技術者としての成長と達成感を味わうのも、いいものです。

 

一次試験の合格だけで、二次試験を受けない人が多いようですが、「技術士」の看板を掲げて仕事をしていきたいと考えている人は、受験資格の技術経験年数があるのであれば、早めに二次試験にチャレンジすることをお勧めします。

 

また、総監部門まで合格したとしても、技術者としてあがりではないため、興味のある分野や資格にもチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

私も、総監部門を取得後に、違う分野の勉強や資格を取得し、専門性を高め、できることの範囲を広げて、技術者として一生働いていけるように努めてきました。今後も継続していきます。

 

 

3.消防設備士のステップアップ(乙種第7類→甲種第4類)

 

消防設備士の資格を取ろうと考えたのは、電気屋として、消防設備を扱う機会もあることから、馴染みのある警報設備(第4類、第7類)の知識を習得する目的と、点検や工事に携わることができるように取得を決めました。

 

消防設備の第4類は、自動火災報知設備、ガス漏れ警報設備などを扱い、第7類は、漏電火災警報器を扱います。

 

甲種と乙種の違いは、甲種は点検と工事を行えるのに対して、乙種は点検のみとなります。

 

ここで私は、第7類の漏電火災警報器の工事ができる「電気工事士」を持っています。第7類には甲種がなく乙種しか存在しないことより、漏電火災警報器の点検ができる乙種第7類を先に受験することにしました。

 

 

乙種は、点検のみで工事について出題されないため、出題範囲が甲種より狭く、とりかかりやすいという特徴があります。

 

乙種第7類を先に勉強受験し合格したことで、次に甲種第4類にチャレンジしましたが、勉強の要点をつかんだことや、法規の内容が重複していたため、スムーズに甲種第4類にも合格することが、できました。

 

 

その後、定期講習を受講し、専門性の向上と継続研鑽にも努めています。また、仕事にも技術的なノウハウを適用しています。

 

4.ステップアップを踏んだ資格取得経験からのまとめ

 

以上に3つの資格についてステップアップを踏んで取得した体験を記載しましたが、3つともそれぞれにおいて違いがありました。

 

電験については、第3種から次に進むにつれて、同じ出題範囲でも問題が難しくなるという特徴があります。

 

技術士については、一次試験で基礎、二次試験の一般部門で専門分野の応用技術、二次試験の総監部門でマネジメントなど、ステップ毎に勉強の範囲や内容に違いがあります。

 

消防設備士は、第4類や第7類など、類が変われば取り扱う設備に違いがあり、乙種から甲種に移ることで点検の他に工事に関する範囲が加わります。

 

以上のように、3つの資格ともにステップアップの過程で出題範囲の方向性に違いがありますが、共通する点は、ステップアップを踏んで合格して資格を取得することで、一歩一歩、着実にステップアップの達成を実感できてモチベーションのアップに繋がると共に、短期間で一気に上位資格を取得した分けはでなく、基礎編から応用編へ勉強を進めたことで、知識ベースと技術応用力を持ち合わせた技術者として成長するものと考えます。

 

(※別な機会に、ステップアップを踏まずに最上位資格にチャレンジした資格についても、体験談を交えて紹介する予定です)

 

 

厳選記事まとめ1: 【200記事投稿記念】筆者が選ぶ厳選15記事

【200記事投稿記念】筆者が選ぶ厳選15記事
【200記事投稿記念】筆者が選ぶ厳選15記事 2020年3月20日から151記事目を投稿し、その間、約10か月間かけて200記事に到達しました。 151~199記事の中で、筆者が選ぶ厳選15の力作(りきさく)記事を纏め...

 

厳選まとめ記事2:【150記事投稿記念】筆者が選ぶ厳選15記事

【150記事投稿記念】筆者が選ぶ厳選15記事
【150記事投稿記念】筆者が選ぶ厳選15記事 2019年10月から101記事目を投稿し、約5か月間で150記事に到達しました。 101~149記事の中で、筆者が選ぶ厳選15の力作(りきさく)記事を纏め、以下に掲載しましたので、...

 

厳選まとめ記事3:【100記事投稿記念】筆者が選ぶ厳選21記事

【100記事投稿記念】筆者が選ぶ厳選21記事
2019年6月下旬からブログを開始し、毎日連続して記事投稿を続けた結果、目標の100記事に到達しました。 筆者が選ぶ厳選21の力作(りきさく)記事を纏め、以下に掲載しましたので、過去に見た方も、初めての方も、興味がある記事...

 

以上

<転職支援サービスの紹介>

電気・機械・建築・土木・IT系技術職の転職を総合的に支援する。登録してみて自分の市場価値を把握し、転職のプロのサポートを受けてみてはいかがでしょうか。↓

JACリクルートメントは管理・専門職、ミドル・ハイクラス向けの高年収層に特化した転職エージェントです。↓

ウズキャリとは10代~20代の第二新卒・既卒・フリーター・ニートを対象とした就職エージェントです。既卒・第二新卒・フリーター・ニートの内定率83%以上です。↓

日総工産は全国に拠点を持つ、人材サービス企業です。
勤務地・収入など、ご希望に合った工場系のお仕事をご紹介し、安心して働いていただける環境づくりをしています。↓

JACの取引実績3,000社を超える外資系企業から依頼されている求人情報のほか、求職者の転職意欲に合わせた活動方法も紹介しています。↓

未経験OK、20代の理系に特化した就職、転職サービス!!UZUZ。理系(機械・電気電子・情報)出身の転職希望者に学歴を活かした就職先をご紹介。専攻学部・学科出身者の求人を数多く取り揃えています。

顧問弁護士監修の退職代行「退職代行Jobs」。低価格、24時間対応なのに、代行の安全性高いサービスを実現できるのがJobsの強みです。↓
退職代行Jobs

<通信講座の紹介>

かつて私が受講し合格できた「挑戦!電験二種受験合格講座」を初め、電験3種、電工1・2種、消防設備士、危険物取扱者、1・2級土木施工管理技士など豊富なエンジニア系の通信講座を扱っています。「挑戦!電験二種受験合格講座」のテキストは、東電の方をメインとして各部門のエキスパートの方が、それぞれの専門分野を章毎に執筆しています。また、質問券に対して丁寧な回答を頂きました。貴重で密度の濃い通信講座です。↓

【ヒューマンの通信講座*『たのまな』】 全国にスクールがある『ヒューマンアカデミー』の通信講座。講座は130以上!

スタディング技術士講座(短期間で技術士に合格!) 1.論文対策・口頭対策をマンツーマン指導 2.経験豊富な講師による二次対策オンライン講座 3.添削機能で直接講師の指導が受けられる お試し無料講座あり のある方は、下記をクリックして下さい↓

スタディング技術士講座

以下は、第1種および第2種 電気工事士試験専門の通信講座です。重要なポイントさえ押さえることができれば、短期で対策ができます。電気工事士のエキスパート、早川先生のライブ講義で効率的に短期合格を目指しましょう。↓

【第1種電気工事士 短期合格特別講座】 【第2種電気工事士 短期合格特別講座】

以下は、施工管理技士の国家試験専門の通信講座で、「電気工事」「管工事」「土木」「建築」「造園」「舗装」「建設機械」に関する「1級」や「2級」、及び「学科/実地」や「実地のみ」とバリエーションが豊富な独学サポートの通信講座です。↓

1級電気工事施工管理技士[独学サポート・実地論文の作成指導あり、※1級電気以外の申込み方は、スマホではなく、パソコンからクリックしてください]

以下は、電気工事士、電験3種、管工事・土木施工管理技士、危険物取扱者、衛生管理者など多数のエンジニア資格を扱う通信講座です。↓

以下は、技術士、弁理士、中小企業診断士、衛生管理者、社会福祉士などの多種多様な難関資格の通信講座を多数扱う「アガルート」です。↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました