ダブルライセンス

スポンサーリンク
電気工事施工管理技士(1級)

【資格の活用】電気工事士と電気工事施工管理技士の組合せによる相乗効果(ダブルライセンスのメリット)

1.私の保有資格と資格概要   私は、第1種電気工事士と1級電気工事施工管理技士を保有しています。 第1種電気工事士の施工範囲は、 (1) 一般用電気工作物の電気工事(第2種電気工事士も施工可能な範囲) に加...
消防設備士(甲種第4類、乙種第7類)

【資格の活用】電気工事士と消防設備士の組合せによる相乗効果(ダブルライセンスのメリット)

1.私の保有資格と資格概要 私は、第1種電気工事士と消防設備士(甲種第4類、乙種第7類)を保有しています。 消防設備士の甲種第4類は、警報設備のうち、自動火災報知設備、消防機関へ通報する火災報知設備、ガス漏れ火災警...
電気主任技術者(第1種、2種、3種)

【資格の活用】電気工事士と電気主任技術者の組合せによる相乗効果(ダブルライセンスのメリット)

1.電気工事士の仕事(電気工事設計・施工の専門家) 電気工事士は、住宅、店舗、事務所、工場、病院、公共施設など、ありとあらゆる建物において、電気設備の設計・施工を行う仕事です。 いわゆる資格の分類でいえば、「業務...
労働安全コンサルタント

【資格の活用】電気主任技術者と労働安全コンサルタントの組合せによる相乗効果(ダブルライセンスのメリット)

1.電気主任技術者の仕事(事業場の専属と外部からの選任)   電気主任技術者は、事業用電気工作物の工事、維持及び運用に関する保安の監督のため、設置者が電気事業法上置かねばならない電気保安のための責任者です。   電...
危険物取扱者(乙種第4類)

【資格の概要】危険物取扱者とは ~甲・乙・丙種と分類について~

Wikipediaによると、危険物取扱者(きけんぶつとりあつかいしゃ、Hazardous Materials Engineer)は、消防法に基づく危険物を取り扱ったり、その取扱いに立ち会うために必要となる日本の国家資格です...
技術士全般

【資格の活用】電気主任技術者と技術士の組合せによる相乗効果(ダブルライセンスのメリット)

1.電気主任技術者の仕事(事業場の専属と外部からの選任) 電気主任技術者は、事業用電気工作物の工事、維持及び運用に関する保安の監督のため、設置者が電気事業法上置かねばならない電気保安のための責任者です。 電気主任技術者...
技術士全般

【資格の活用】技術士と労働安全コンサルタントの組合せによる相乗効果(ダブルライセンスのメリット)

1.技術コンサルタントとしての技術士の意義 技術士は、科学技術の応用面に携わる技術者にとって最も権威のある最高位の国家資格であり、この資格を取得した者は、科学技術に関する高度な専門知識、応用能力および高い技術者倫理を備え...
技術士全般

【資格取得】ダブルライセンス・トリプルライセンスで軸足を増やす

資格取得は、弁護士や医師であれば、1本足打法の軸足で業務上、十分だと思います。しかし、技術の専門分野や職種については、多種多様に分かれているため、製品開発やインフラ業界において、1本足打法では、通用しません。以下に専門...
電気主任技術者(第1種、2種、3種)

【資格取得】試験内容が類似した関連資格を同じ年に受ける場合

エネルギー管理士(電気)や電験2種などの組合せで同じ年に受ける場合には、本命をレベルの低い方に設定し、下位レベルの資格から確実に取得することが、望ましいと思います。電験3種と電験2種も同時に受験することが可能であるため...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました