【資産形成】自宅ネット光回線の月額通信料の削減 ~auひかりから楽天ひかりへ切換た乗換体験による留意点や感想~

スポンサーリンク
資産形成




 

【資産形成】自宅ネット光回線の月額通信料の削減 ~auひかりから楽天ひかりへ切換た乗換体験による留意点や感想~

 

私は、過去記事の「【資産形成】スマホ・光回線の月額通信料の削減による投資資金の捻出 ~3大キャリアから楽天モバイル・楽天ひかりへの切換、家族で乗り換る際の留意点~」でスマホと、おうちネット回線の乗換を楽天モバイル及び楽天ひかりで推奨しておりました。(※末尾に関連記事として掲載していますので参照下さい)

 

楽天モバイルについては、家族3台でauから楽天に乗換て、現在家族で4台使用しております。4台共に、1年間無料の恩恵を授かり、年間40万円近く浮いたお金を積立Nisaに投信積立に回すことができました。

 

1年間のスマホ無料期間が終了した現在の楽天モバイルのスマホ台は、家族4台で月額合計5千円以下で収まっています。スマホで月額3万円以上払っていた数年前から比べると驚きの月額固定料の削減となりました。

 

これは、楽天モバイルのスマホ料金プラン()による低減と、おうちネットのWifi回線の利用で、外出時に使用する楽天モバイル通信量のギガ数を抑えているためです。

 

おうち回線をauひかりから楽天ひかりへの乗換は、解約手数料や工事費の負担の関係で乗り換えるタイミングを伺っていましたが、今回auひかりの契約期間の満了と楽天ひかり工事費無料キャンペーンのタイミングが重なったため、楽天ひかりに乗り換え、1年間無料と工事費無料のキャンペーンが適用になりました。

 

今回、楽天ひかりに乗換えたことによる月額固定費の低減試算やメリット、及び乗換手続きの手順や留意点について紹介します。

 

↓↓↓楽天ひかりのお申込みや詳細は以下です↓↓↓

 

1.auひかりから楽天ひかりに乗換による月額固定費の低減試算

月額料金(円)*税込

auひかり備考
戸建て住宅
 回線料金+電話基本料金セット6,160(5,610+550)5,830差額:330
  回線料金5,280差額:880
  電話基本料金au:電話契約必須550楽天:電話除外可
マンション(集合住宅)
 回線料金+電話基本料金セット4,730(4,180+550)4,730差額:0
  回線料金4,180差額:550
  電話基本料金au:電話契約必須550楽天:電話除外可
年間料金(住宅・電話使用条件で変動)56,760~73,92050,160~69,960

※1.楽天ひかりは、楽天モバイル契約条件で1年間無料キャンペーンが適用された場合に回線料金が無料になります。(電話料金は対象外)

 

我が家では、auひかりから、楽天ひかりへの乗換の際に、1年間無料キャンペーンが適用になったため、

5,280円×12ヶ月=63,360円

が1年間、無料になりました。

 

 

2.楽天ひかりへの乗換手順

 

(1)現在使用中のネット回線会社に契約解除について問い合わせる:契約解除料、月の解約締切日など

 

(2)楽天ひかりに申込手続き:電話やネットにて手続き

 

(3)工事日・切替日の調整決定:楽天ひかりより、工事日・切替日の調整連絡がある

 

(4)工事・切替立ち合い対応・接続設定:通信回線の引込口・ルート、モデムセットや接続テスト

 

(5)旧回線の解約手続き:月の解約締切日までに電話にて解約手続き(auの場合、当月25日まで)

 

(6)旧回線会社へのレンタル品返却:ルータ返却依頼文書が郵送で届くので、指示に従う

 

↓↓↓楽天ひかりのお申込みや詳細は以下です↓↓↓

 

3.楽天ひかりへの乗換に伴う手数料などの費用

 

(1)変更前の契約先でかかる費用

 

a.退会違約金

 

auひかりの場合、契約ブロバイダーに確認したところ、16,500円(税込)ほどかかるとのことでした。

 

15年以上使ってきたブロバイダーですが、更新期間でない場合には、退会違約金をとるとのことで驚きです。その更新期間も数年に一度の極短期間であり、完全な顧客離脱防止の「しばり制度」そのものです

 

今回は、乗換のタイミングが、ちょうど3年間の契約満了に伴う3か月間ある更新月であり、退会違約金の無料期間であったため、乗換のベストタイミングでした。

 

なお、楽天ひかりは、退会違約金は10,450円(税込)とのことで、こちらの方が、先行大手のブロバイダーよりも良心的です。

 

1年間無料のキャンペーンが適用される場合には、乗り換えたほうが、退会違約金を払ってでも断然お得です

 

スマホの三大キャリアや先行大手のブロバイダーについて、私の中では、今後のおつきあいは、もうあり得ないと考えています。

 

 

b.工事費残金、撤去費

 

私の場合は、工事費残金について長期使用により費用が、かかりませんでしたが、かかるかどうか契約ブロバイダーに問い合わせてみてください。

 

撤去費用は、11,000円(税込)の撤去工事がかかるとのことでしたが、そのままでも支障がないのと、今は考えていませんが、次に乗換た場合の予備回線として残すこととしました。(引込はKDDI回線ですが、NTTからのレンタル回線とのこと。解約より2週間後には、手続きすることで移管回線として使えるらしい)

 

 

c.ルータ代の残金

 

こちらは、ブロバイダーではなく、回線キャリア(au光など)に確認をとる必要があります。

 

私の場合、キャリアの回線提供先(auひかり)に電話し、ルータ代の残金を確認したところ、レンタルなので無料であり、後ほど、ゆうパックの返却用紙が届くため、箱に入れて返して下さいとのことでした。返却の郵送代は、特にかかりません。

 

 

(2)楽天ひかりでかかる費用

 

a.初期費

 

楽天ひかりの登録手数料で880円(税込)かかります。

 

b.光回線工事費

 

auひかりから楽天ひかりに変わる場合の工事費は戸建で19,800円(税込)、マンションで16,500円(税込)が別途かかります。NTTフレッツ光回線では、今後もフレッツ光回線を使用することから、工事費はかからないようです。

 

但し、auひかりからの光回線を流用できないとのことで、NTT光回線のレンタルなのに、別途工事が必要とのことでした。同じ光回線なので技術的には流用ができるのですが、大会社のNTTが、つうけん等の工事会社の工事費を確保するために、乗換の転用を認めていないようです。独占禁止法上で、このようないやがらせは認めていいものなのでしょうか・・・。

 

工事費は、かなりの負担になるため、私は工事費無料キャンペーンのお知らせハガキを受領し、乗換を決心しました。ときどき、工事費無料キャンペーンを実施しているようです。

 

 

c.光電話の工事費

 

こちらの契約は楽天ひかりのオプションとして、NTTとの個別契約となり、工事費として2,200円(税込)がかかります。光回線工事の他に、光電話工事とは、なんなのか全く意味不明です(大会社のNTTは、なんとかお金を取る仕組みだけを作って関連工事会社の利益を維持しているように見受けられます・・・)。光電話工事費は、工事費無料キャンペーン対象外です。

 

なお、固定電話を使用しない場合には、申込む必要はありません。

 

d.月額基本料金

 

楽天ひかりの月額基本料金は、ファミリープランで(戸建)で5,280円(税込)、マンションプラン(集合住宅)で4,180円(税込)です。但し、キャンペーン適用で1年間無料になります。

 

オプションのNTT光電話の月額基本料金は、550円(税込)がかかります。こちらは、1年間無料キャンペーン適用外です。また、通話代が別途かかります。

 

 

3.楽天ひかり乗換のメリット

 

(1)1年間無料キャンペーン

 

住宅条件により、戸建てプランで63,360円、マンションプランで50,160円の年間使用料が無料になります。但し、適用条件は、楽天モバイルの加入条件等があります。

 

(2)楽天市場のSPU+1倍アップ

 

楽天ひかりも、スーパーポイントプログラムの対象です。

 

図1.楽天ひかりSPUアップ

 

(3)次世代規格IPv6

 

インターネットでデータをやりとりするために「IP(インターネットプロトコル)」というルール(規格)が定められています。インターネットの利用者や接続機器の増加に伴い、従来の規格「IPv4」に変わって新たに登場したのが次世代規格「IPv6」です。IPv6に対応した通信方式を利用することで、回線の混雑を避けることができます。

 

図2.通信規格IPv4→IPv6への進化

 

(4)無料メールアドレスを最大10件作成できる

 

好きなメールアドレスを接続用アカウントに追加するサービスです。

ご利用の接続用アカウントに対し、無料で最大10アドレス取得可能です。

 

〇〇〇(好きな文字記入可)@gol.com

 

アットマーク@以降の末尾は固定です。

 

 

4.楽天ひかり乗換の留意点

 

(1)楽天ひかり(1年間無料)を適用させる条件

 

無料キャンペーンに申し込むには、キャンペーン期間内に申し込むことと、申込契約者が楽天モバイルにも同じ楽天アカウントで申込んでいること、及び申し込み月の4カ月末日までに開通していることが条件となります。

 

無料キャンペーンの適用には、楽天モバイルと楽天ひかりの登録IDを楽天IDに合わせる(アカウントを合わせる)などの条件がありますので、詳細は楽天ひかりのHPか、電話での問い合わせて確認しましょう。

 

(2)楽天ひかりの開通に、工事待ちの期間がかかる

 

私の場合、申し込んでから、工事待ちの最短時期で1カ月程度かかり、予約制であるため、立会い都合が悪くなれば、また予約の取り直しが発生します。

 

無料期間のキャンペーンに開通期日の条件があることから、楽天ひかりへ申し込んだあと、翌月以降の早めの工事をお勧めします。(工事費無料キャンペーン時には、申込の翌月以降の開通条件がある。月末よりも月初め~月中に工事日を設定した方が、旧回線会社の解約締切日25日までに間に合わせやすい)

 

なお、私は、楽天ひかりの工事が終わり、ネット回線が切り替わってから、旧回線会社に解約を申し込みました。これは、楽天ひかりの工事がうまく行かなかった場合を想定し、ネット回線が使えない日がないようにしたためです。

 

 

(3)固定電話の電話番号が引き継げない場合がある

 

私の場合、au光の固定電話の電話番号が引き継げませんでしたので、新規にNTTから連絡があった3つの番号の中から、選んで決めました。

 

NTT光回線同士の切換えであれば、電話番号は引き継げるようですが、私のケースのように、引き継げない場合もありますので、光固定電話を契約する際に、旧契約先又は新契約先のいずれかに問い合わせてみて下さい。私はどちらに確認とってみましたが、どちらとも引き継げないという同じ回答でした。

 

なお、固定電話の電話番号は、携帯電話の番号よりも、あまり使わないためか、電話番号が変わることを告げる連絡先は少なく、会員情報の変更は、気付いた都度でよいと考えています。

 

(4)無線ルータを個別に用意する必要がある

 

有線LAN以外の無線LANやWiFiでパソコンやスマホを利用するには、無線ルータが必要になります。

 

ちなみに私は楽天市場で、5,000円程度の以下を購入しました。

 

 

前述した次世代通信規格IPv6のモノです。十分な速度で使わせてもらっています。

写真1:楽天ひかりルータ+モデム+回線セット状況(左:無線ルータ、右:ひかり電話対応ホームゲートウェイ、壁:回線セット状況)

 

(5)楽天モバイルの月額使用料と光電話の通話料の削減対策

 

a. 楽天モバイル(スマホ)の月額使用料の削減対策

 

我が家では楽天モバイルのスマホを4台使用していますが、おうち圏内では、全てのスマホの設定をWiFi回線に切り換えるように設定しているため、楽天モバイルのワンプラン料金により、楽天モバイル回線の通信ギガ使用量を抑えています。

 

図3.楽天モバイル(スマホ)のワンプラン料金

 

↓↓↓楽天モバイルのお申込みや詳細は以下です↓↓↓

b.光電話通話料の削減対策

 

楽天モバイルのスマホは、楽天LINKアプリの使用により、電話との通話料金無料のため、電話への発信は、スマホの楽天リンクアプリを使用するものとし、固定電話の光電話は、着信用と決めています。

 

これにより光電話の通話料金は、毎月ほとんどかかりません。

 

 

5.まとめ(感想)

 

・楽天モバイルのスマホと楽天ひかりの同時利用により、お互いの1年間無料キャンペーンで浮いたお金を積立NISAの投資信託に回せるメリットに繋げることができます。

 

・他のメリットとして、楽天市場のSPUがそれぞれ+1倍、計+2倍が得られます。

 

・楽天モバイルのワンプランの料金のギガ使用量を抑制するために、楽天ひかりのWiFi回線を使用できる点や、スマホ楽天LINKの使用により楽天ひかり電話の通話料を抑制できるなど、楽天モバイルと楽天ひかりを組合せて使用することで、大きな月額費用の削減に繋がります。

 

・楽天モバイルは、現在カバー率97%と2年前に使用を開始したときよりも、遥かにエリアが拡大し使いやすくなりました。

 

・楽天ひかりは、通信規格に最新の「IPv6」を取り入れており、利用の不便さは全く感じていません。

 

・もはや、通信業界は3大キャリアではなく、楽天を含めた4大キャリアの時代に突入しました。

 

・その中で、楽天モバイルと楽天ひかりは、他の3大キャリアに負けない料金形態と通信品質を確保しており、一般家庭の月額通信費の低減に大きく貢献したといえます。

 

・楽天経済圏は、最近SPUなどのサービス改悪が続いていますが、今後は、よりよいサービス維持を継続してくれることを期待します。

 

↓↓↓・楽天モバイルのお申込みや詳細は以下です↓↓↓


 

<関連記事>【資産形成】スマホ・光回線の月額通信料の削減による投資資金の捻出 ~3大キャリアから楽天モバイル・楽天ひかりへの切換、家族で乗り換る際の留意点~

 

【資産形成】スマホ・光回線の月額通信料の削減による投資資金の捻出 ~3大キャリアから楽天モバイル・楽天ひかりへの切換、家族で乗り換る際の留意点~
↓「楽天モバイル(UN-LIMIT)」へのお申込みなど詳細は、こちらから↓ ↓「楽天ひかり」へのお申込みなど詳細は、こちらから↓ 【資産形成】スマホ・光回線の月額通信料の削減による投資資金の捻出 ~3大...

以上

コメント

タイトルとURLをコピーしました