【資格の保有者講習】第1種電気工事士の定期講習 ~実施機関の比較や受講の感想~

スポンサーリンク
電気工事士(第1種)

資格を取得した後に、技術の進歩や法令の改定などの知識の更新を目的とした定期講習が義務付けられている資格があります。  

私は、講習の義務がある資格をいくつか保有しており、何種類かの定期講習に参加した経験があります。
また、義務ではなく自己啓発として参加した資格の保有者講習の受講経験がありますので、今後、それらの受講経験の概要などを紹介していきたいと思います。  

今回は、「第1種電気工事士の定期講習」について紹介します。  なお、冒頭の写真は、講習時に貰ったテキストの表紙を撮影したものです。

1.定期講習の義務

自家用電気工作物については、構造が多様、複雑で、性能・機能に係る技術進歩も早いところから、その電気工事を行うことができる第1種電気工事士は、自家用電気工作物に関する技術及び保安規制に関する知識を常に更新していくことが不可欠です。このため、第1種電気工事士については、免状の交付を受けた日から5年以内に、又は、その後も前回の受講日から5年以内毎に、経済産業大臣の指定する者が行う自家用電気工作物の保安に関する講習を受講することが、電気工事士法により義務付けられています(電気工事士法第4条の3)。  

※ここで、第2種電気工事士については、一般用電気工作物の電気工事しか取り扱わないため、定期講習の義務は特にありません。電気工事士の種別毎に関わる電気工作物の区分は、別記事で解説しているため、末尾にリンクを貼りますので参考にしてください。  

2.定期講習の科目

講習は、電気工事士法施行規則第9条の15において、次の科目について行うことを定めています。

①自家用電気工作物の保安に関する法令
②自家用電気工作物に係る電気工事に関する知識
③自家用電気工作物に係る電気工事に関する事故例  

以上の3科目を講習内容に網羅する必要があります。

Trackbee スマートウォッチ Bluetooth5.0 ガラススクリーン 本革ベルト iOS/Android対応 (ブラック)
Trackbee
【長時間使用バッテリー 最新Bluetooth5.0 安定・省エネ・使いやすい】180mAh大容量のバッテリー、前の古い製品より50%電量アップしました。最新Bluetooth5.0のシステムを利用して、今までボbluetooth4.0より、データの伝送が安定、早いです。省エネの設計、満電で状態で、最長使用時間は15-20日に達しました。適応機種:Android4.4/iOS 8.0以上、Bluetooth4.0対応のスマートフォンに適応しています。

3.定期講習の実施機関と比較

第1種電気工事士定期講習制度については、平成24年5月に電気工事士施行規則の一部が改正され、指定講習機関について従来の一者指定から複数機関を指定できる制度に見直しがありました。  

①一般財団法人電気工事技術講習センター
http://www.eei.or.jp/
受講料:9,000円(非課税)
*開催日が比較的多い、47都道府県ほか地方開催もあり  

②株式会社東京リーガルマインド 
第一種電気工事士定期講習運営本部
http://www.lec-jp.com/denkou/teiki/
受講料:10,190円(10%税込)〔*早割8,150円(10%税込)〕
*開催日が比較的少ない、主要な地方都市部中心の開催  

③株式会社日建学院 第一種電気工事士定期講習本部事務局
http://www.nik-g.com/
受講料:8,500円(税込)
*開催日の多さは少な目、47都道府県で開催  

④株式会社総合資格学院法定講習センター 電気講習係
http://hotei.shikaku.co.jp/
受講料:8,000円(税込)
*開催日の多さは普通、47都道府県で開催  

※上記の受講料は、2019年12月現在の価格です。なお、5年毎の講習タイミング忘れ防止のために、上記機関への事前登録により通知を貰うことをお勧めします。  

4.定期講習の一日の流れと時間配分

全体で約7時間程度であり、私が貰ったスケジュール表(定期講習カリキュラム)を以下に、掲載します。  

  

※最後に免状の講習受講記録欄に「受講年月日」:和暦の年月日の判、「受講場所」:都道府県名の判、「受講実施者認印」:実施機関のシールで記録されます。  

FLUKE (フルーク) デジタルマルチメーター【国内正規品】 87V (87-5)
フルーク(FLUKE)
直流電圧(V):1000 交流電圧(V):1000 直流電流(A):10 交流電流(A):10 抵抗(Ω):50M 検波方式:真の実効値型(RMS) 電源:積層型9V乾電池×1個(付属) 幅×奥行×高さ:98×52×201mm 連続使用時間:400時間 連続使用時間:400時間 真の実効値

5.定期講習の状況と配布テキスト

・30名程度入れる教室のような会場で、20名程度の受講者が来ていました。  

・上記に掲載した時間割により映像モニタで講義が進められます。映像モニタは、講師やナレーターにより事前に撮影されたものので、質疑応答の場は特にありません。  

・休憩毎に、受講者が居るかをチェックする係員が居ました。  

・テキストは冒頭の画像に掲載したものです。A4版で約300ページのボリュームで構成されています。

6.定期講習を受講した感想ほか

・受講機関の選択については、私の場合、実施機関で選んだというよりも、行ける日程と開催場所より、株式会社日建学院で受講しました。

・講習のうち法令関係の改正については、「太陽電池発電設備(パワコン・太陽電池モジュール)の設置方法による責任分界点」、「内線規程に関するEV充電用漏電遮断器の配置」など新技術の適用等で見直しがあった部分を確認できます。

・法令関係について定期講習のスパン5年間の期間中に改定があったものは、受講者に漏らさず伝えるように毎年見直しているとのこと。

・微量PCB廃棄物や水銀が封入されている蛍光・水銀ランプの処理に関する取扱いなど時事的な問題や動向を知ることが出来ます。

・高調波障害対策や雷保護システムに関する複雑な内容についても、講義やテキストで取り扱っていました。

・電気事故事例は、映像やテキストでの紹介があり、やはり戒めとなります。

・テキストは、(一般社団法人)日本電気協会や(一般社団法人)日本電設工業協会などの文献を参考にし、構成されたもので、自家用電気工作物の保安・工事の参考書として十分活用できる内容となっています。但し、制作・編集者は、実施機関毎に作成しているため、若干の違いはあるようです。  

7.定期講習に対する今後の希望

・事前に撮影した映像とテキストでの講習であれば、わざわざ決められた日に会場まで行かずに、WEBにより自宅でも受講できる内容でした。

・定期講習は、5年以内であり、次回の講習は、前回の受講日から5年以内であるため、各自、なるべく受講日をギリギリに設定したいところです。しかし、現状では、実施機関毎に講習日が決められており、土日祝の開催がなく平日限定であるため、自身の予定と照らし合わせた結果、数ヶ月前倒しでの受講となってしまうケースが生じます。

・WEB受講であれば、約7時間の受講内容を細分化し、自分の都合に合わせて自宅や職場にて受講することが可能であるため、今後、是非ともWEB講習が可能となるように見直してほしいと思います。  

関連記事リンク1: 【資格取得】同一資格内でのステップアップ ~業務領域と視野の拡大~

関連記事リンク2: 【資格の概要】電気工事士とは

関連記事リンク3: 【資格の概要】電気主任技術者とは

関連記事リンク4: 【電気事業法】電気工作物の区分 ~一般用・事業用・自家用の分類~

関連記事リンク5: 【資格受験全体の流れ】電気工事士の試験区分と試験の流れについて

関連記事リンク6: 【資格受験全体の流れ】電気主任技術者の試験区分と試験の流れについて

厳選記事のまとめ: 【100記事投稿記念】筆者が選ぶ厳選21記事  

以上

 

<通信講座の紹介>

かつて私が受講し合格できた「挑戦!電験二種受験合格講座」を初め、電験3種、電工1・2種、消防設備士、危険物取扱者、1・2級土木施工管理技士など豊富なエンジニア系の通信講座を扱っています。「挑戦!電験二種受験合格講座」のテキストは、東電の方をメインとして各部門のエキスパートの方が、それぞれの専門分野を章毎に執筆しています。また、質問券に対して丁寧な回答を頂きました。貴重で密度の濃い通信講座です。↓

【ヒューマンの通信講座*『たのまな』】
全国にスクールがある『ヒューマンアカデミー』の通信講座。講座は130以上!


スタディング技術士講座
(短期間で技術士に合格!)
1.論文対策・口頭対策をマンツーマン指導
2.経験豊富な講師による二次対策オンライン講座
3.添削機能で直接講師の指導が受けられる
お試し無料講座あり
のある方は、下記をクリックして下さい↓

スタディング技術士講座

以下は、第1種および第2種 電気工事士試験専門の通信講座です。重要なポイントさえ押さえることができれば、短期で対策ができます。電気工事士のエキスパート、早川先生のライブ講義で効率的に短期合格を目指しましょう。↓

【第1種電気工事士 短期合格特別講座】

【第2種電気工事士 短期合格特別講座】

以下は、施工管理技士の国家試験専門の通信講座で、「電気工事」「管工事」「土木」「建築」「造園」「舗装」「建設機械」に関する「1級」や「2級」、及び「学科/実地」や「実地のみ」とバリエーションが豊富な独学サポートの通信講座です。↓

1級電気工事施工管理技士[独学サポート・実地論文の作成指導あり、※1級電気以外の申込み方は、スマホではなく、パソコンからクリックしてください]

以下は、電気工事士、電験3種、管工事・土木施工管理技士、危険物取扱者、衛生管理者など多数のエンジニア資格を扱う通信講座です。↓

以下は、電験3種、衛生管理者、危険物取扱者(乙4)、2級土木施工管理技士などのエンジニア資格を扱うeラーニング(インターネット学習)の通信講座です。↓

eラーニング通信講座 ゼミネット

コメント

タイトルとURLをコピーしました