【技術士二次口頭試験対策】技術士の目的と定義 ~技術士法制定の背景~

スポンサーリンク
技術士二次口頭試験

「あなたは技術士の目的や定義を知っていますか?」

このような根本的な質問があった場合に、答えられないようでは、何なのために技術士を目指しているのか分りません。  

今回は、技術士法のベースとなる「技術士の目的と定義」について、整理してみます。  

1.技術士の目的  

(1)技術士の目的に関する基礎編  

Q1-1.技術士法の目的について述べて下さい。  

Q1-2.技術士の目的は何ですか?  

この2つの質問は、同じことを聞いています。  

<回答例1-1~法令を正確に答えるケース~>  

技術士の目的は、技術士法 第1条のとおり、「技術士の資格を定め、その業務の適正を図り、もって科学技術の向上と国民経済の発展に資すること」です。  

<回答例1-2~噛み砕いて答えるケース~>  

科学技術の向上と国民経済の発展のためには、とんでもない物が出来ないように適正な業務を図る必要がありました。その適正な業務の取り決めや指導を行える高度な技術者として技術士が必要となりました。

[LETDREAM] ショルダーバッグ ldr01803 ネイビー×ダークブラウン
LETDREAM(レットドリーム)
【表地素材】:オール本革、【中地素材】:コットン、【ファスナー】:日本ブランドのYKKファスナー

(2)技術士の目的に関する応用編  

Q1-3技術士制度によって得られるものは何ですか?  

<回答例1-3~第1条の末尾の目的を答える~>  

適正な業務の実施により、科学技術の向上と国民経済の発展が得られます。  

Q1-4技術士法はなぜ必要だと思いますか。  

<回答例1-4~第1条を逆から解説~>  

科学技術の向上と国民経済の発展のためには業務の適正化が必要で、それを指導すべき技術士が必要であるため、技術士法を定めました。(第1条を逆から読む)  

<余談~技術士法制定の背景~>  

技術士法は1957年に制定されています。当時の日本は所得倍増計画のもと、科学技術立国・ものづくりの国として豊かな先進国になろうということが国策でした。
そういう中では技術開発や調査研究がどんどん進みますが、もし技術的指導者、コンサルタントがいないまま野放しにそういったことが進むと、とんでもない品質のものが生まれてしまったりして科学技術立国としての立場が危うくなります。
そこで我が国は、国家試験により高い能力を持った技術者を他の技術者とは区分して、その人たちにだけ技術士を名乗る権利を与えました。
このように、「技術士を名乗る者は国が責任をもって選んだ高度な技術力をもった人たちだから、この人たちを信頼してアドバイスを受け、適正に業務をやるように!」ということで技術士制度を作ったわけです。
これを踏まえて第1条、第2条を読んでいただくと、よく理解ができるのではないでしょうか。
以上のような経緯を踏まえると、技術士法制定の目的として、一番避けなければならないのは「信用失墜行為」だということは、よくご理解していただけるはずです。 
よって、3義務2責務の筆頭に、「信用失墜行為の禁止」がある訳です。

以上のようにストーリー性を理解することで、試験官との受け答えにて深見が増します。

2.技術士の定義  

(1)技術士の定義に関する基礎編  

Q2-1.技術士の定義について述べて下さい。  

<回答例2-1~法令を正確に答えるケース~>  

技術士法第2条(定義)にあるとおり、「技術士として登録を受け、技術士の名称を用いて、科学技術に関する高等の専門的応用能力を必要とする事項についての計画、研究、設計、分析、試験、評価又はこれらに関する指導の業務を行う者」をいいます。  

(2)技術士の定義に関する応用編  

Q2-2.技術士とはどのようなものですか?  

<回答例2-2~定義と3義務2責務の組合せ~>  

科学技術に関する広い基礎知識と高度な専門知識、業務遂行能力を有すると共に、所定の実務経験があり、さらに信用失墜行為や秘密漏洩を行わず、公益確保・資質向上を行っている技術者です。  

Q2-3.技術士とは何ですか?  

<回答例2-3~第2条を逆から構成~>  

高いレベルの調査や設計を行う人として、試験で選ばれて登録した人しか名乗ってはいけないことになっているのが技術士です。  

<回答例2-4~簡単に噛み砕いて解説~>  

豊富な実務経験を有し、技術的専門知識及び高度の応用能力あると、国家の認定を受けた高級技術者です。  

3.まとめ  

質問や答え方にも、様々なバリエーションがるため、先ずは、基本的な部分を短文で回答し、その中で、試験官との対話のキャッチボールをテンポよくこなすことを心掛けて下さい。

口頭対策まとめ記事: 【技術士二次口頭試験対策】総集編 ~受験者の皆さんへエールを送る~ 1838

厳選記事リンク: 【100記事投稿記念】筆者が選ぶ厳選21記事

以上

サンワダイレクト トラベルポーチ ガジェットポーチ 旅行 出張 便利グッズ マウス ケーブル モバイルバッテリー 収納ポーチ グレー 200-BAGIN006GY
サンワダイレクト
旅行時や出張時、普段使いでの使用に便利なポーチです。 アメニティを入れてトラベルポーチとして、パソコン周辺機器を入れてガジェットポーチとして、充電器を入れてモバイルバッテリーポーチとして。使い方はさまざま!

<通信講座の紹介>

スタディング技術士講座(短期間で技術士に合格!)
1.論文対策・口頭対策をマンツーマン指導
2.経験豊富な講師による二次対策オンライン講座
3.添削機能で直接講師の指導が受けられる
お試し無料講座あり
のある方は、下記をクリックして下さい↓

スタディング技術士講座

かつて私が受講し合格できた「挑戦!電験二種受験合格講座」を初め、電験3種、電工1・2種、消防設備士、危険物取扱者、1・2級土木施工管理技士など豊富なエンジニア系の通信講座を扱っています。「挑戦!電験二種受験合格講座」のテキストは、東電の方をメインとして各部門のエキスパートの方が、それぞれの専門分野を章毎に執筆しています。また、質問券に対して丁寧な回答を頂きました。貴重で密度の濃い通信講座です。↓

【ヒューマンの通信講座*『たのまな』】 全国にスクールがある『ヒューマンアカデミー』の通信講座。講座は130以上!

以下は、第1種および第2種 電気工事士試験専門の通信講座です。重要なポイントさえ押さえることができれば、短期で対策ができます。電気工事士のエキスパート、早川先生のライブ講義で効率的に短期合格を目指しましょう。↓

【第1種電気工事士 短期合格特別講座】

【第2種電気工事士 短期合格特別講座】

以下は、施工管理技士の国家試験専門の通信講座で、「電気工事」「管工事」「土木」「建築」「造園」「舗装」「建設機械」に関する「1級」や「2級」、及び「学科/実地」や「実地のみ」とバリエーションが豊富な独学サポートの通信講座です。↓

1級電気工事施工管理技士[独学サポート・実地論文の作成指導あり、※1級電気以外の申込み方は、スマホではなく、パソコンからクリックしてください]

以下は、電気工事士、電験3種、管工事・土木施工管理技士、危険物取扱者、衛生管理者など多数のエンジニア資格を扱う通信講座です。↓

以下は、電験3種、衛生管理者、危険物取扱者(乙4)、2級土木施工管理技士などのエンジニア資格を扱うeラーニング(インターネット学習)の通信講座です。↓

eラーニング通信講座 ゼミネット

コメント

タイトルとURLをコピーしました