資格取得

スポンサーリンク
技術士二次筆記試験

【技術士二次試験直前対策】技術士二次筆記試験の腱鞘炎(けんしょうえん)対策 ~2019年度から試験制度の見直しで記述量が増えています!~

技術士二次筆記試験の直前となりましたので、緊急で「技術士二次試験直前対策」シリーズを何件か紹介したいと思います。まず、第1弾では、「技術士二次筆記試験の腱鞘炎対策」について述べたいと思います。 技術士二次筆記試験...
技術士二次筆記試験

【資格取得】一発合格の優位性について

1.一発合格の優位性について 電験や技術士(建設部門)などの資格取得で、毎年申込み、中途半端な学習状態で試験に臨み、毎年不合格通知を貰う常連さんが、受験者の中には、ある一定程度存在すると思います。中には、費用をかけて申し...
電気主任技術者(第1種、2種、3種)

【資格取得】試験内容が類似した関連資格を同じ年に受ける場合

エネルギー管理士(電気)や電験2種などの組合せで同じ年に受ける場合には、本命をレベルの低い方に設定し、下位レベルの資格から確実に取得することが、望ましいと思います。電験3種と電験2種も同時に受験することが可能であるため...
技術士全般

【資格受験対策】通信教育(講座)の効果である学習の習慣化とスケジュール立ての重要性

通信教育(講座)の効果である学習の習慣化とスケジュール立ての重要性 前回記事の続きで、通信教育の効果は、通信教育カリュキラムと期間が必然的に計画立てられていて、その計画を遂行することにより学習の習慣化に繋がる点が効果...
電気主任技術者(第1種、2種、3種)

【資格受験対策】資格取得に通信教育(通信講座)は必要か

資格受験対策として、ユーキャンやヒューマンアカデミー(たのまな)、及び日本技能教育開発センター(JTEX)などの通信教育機関を利用する手段があります。 通信教育のデメリットは、独学と比較し、お金がかかるという点が...
労働安全コンサルタント

【資格受験全体の流れ】労働安全コンサルタントの試験区分と申込・試験時期

労働安全コンサルタントの試験区分は、機械、電気、化学、土木、建築の5種類があり、私は「電気」で受験して合格し登録しました。但し、合格し登録後の業務は、試験区分に制限されません。例えば「電気」で合格しても、知見があれば「機械...
労働安全コンサルタント

【資格の概要】労働安全コンサルタントとは~労働安全衛生法での定義~

Wikipediaによると労働安全コンサルタントとは、「労働安全衛生法に基づく労働安全コンサルタント試験(国家試験)に合格した者で、厚生労働省に備える労働安全コンサルタント名簿に登録した者である」とのことです。 ...
技術士全般

【資格の概要】技術士とは ~科学技術分野での最高位~

Wikipediaによると、技術士とは“科学技術分野での最高位の国家資格”です。 技術士としての条件は3つあります。 ・1つ目は、技術士二次試験に合格し、文部科学省(指定登録機関:日本技術士会)...
技術士全般

【資格取得】エンジニア資格の取得に最適な時期はいつか?

エンジニア資格の取得に最適な時期はいつか? 物覚えが良い若い時期に資格を取得するのが、最も良いというのは言うまでもありませんが、若い時期は、友達と遊んだり彼女を作り結婚したりする事も重要だと思います。また、将来の考え方が...
資格取得・マインド(共通)

【資格の受験動機】消防設備士(乙種第7類、甲種第4類)を受験した動機と取得までの概要

私が消防設備士(乙種第7類、甲種第4類)を受験したのは、40代の半ばで、技術士(機械部門)に合格し、翌年の労働安全コンサルタント受験(現段階での最終取得資格、以降の取得目標は今のところありません)までの間で、現有資格保有に...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました