資格取得

スポンサーリンク
電気工事士(第1種)

【電気工事業法】目的や事業者の種類 ~主任電気工事士や業務規制~

【電気工事業法】目的や事業者の種類 ~主任電気工事士や業務規制~ 電気工事業法は、正式に「電気工事の業務の適正化に関する法律」といいます。 電気工事士法は、資格取得者や資格保有者に関する法律であ...
技術士二次筆記試験

【技術士二次試験対策(総合技術監理部門)】人の行動モデルとインセンティブ

【技術士二次試験(総合技術監理部門)】人の行動モデルとインセンティブ 前回の記事で、「資格取得が精神的に重要な3つの理由(メリット)」について解説しました。 その中で、「人の行動モデルとインセンティブ」につ...
資産形成

【資格取得】精神的に重要な3つの理由(メリット) ~自信・自由・お金~

資格取得が精神的に重要な3つの理由(メリット) ~自信・自由・お金~ 資格を必要とする理由やメリットは、業務の独占や設置の義務など仕事をする上で、絶対に必要なものがありますが、それだけではありません。 資格...
電気主任技術者(第1種、2種、3種)

【電気事業法】主任技術者免状の種類と保安範囲 ~選任義務や取得方法~

電気事業法第44条で主任技術者免状の種類と保安範囲が規定されています。 今回は、電気事業法上での主任技術者に関する内容をピックアップして解説します。 1.主任技術者免状の種類と保安範囲(電事法第...
電気主任技術者(第1種、2種、3種)

【電気事業法】一般電気事業者と新電力の違い ~電力自由化後の電気事業体制~

1.一般電気事業者とは 一般(工場や家庭等)の需要に応じて電力の小売業を主に行っている会社のことをいいます。日本で主に挙げられる一般事業者は、北海道電力・東北電力・東京電力・北陸電力・中部電力・関西電力・...
消防設備士(甲種第4類、乙種第7類)

【資格取得】消防設備士試験の種類と定期講習区分 ~取得種類の判断基準~

<私が乙種第7類、甲種第4類の試験勉強に使った教材です:お蔭様で一発合格できました> 1.消防設備士の取得種類の判断基準 これから消防設備士試験を受けようとする方で、どの種類を受けようか迷っている方が多いの...
電気工事施工管理技士(1級)

【資格の活用】電気工事士と電気工事施工管理技士の組合せによる相乗効果(ダブルライセンスのメリット)

1.私の保有資格と資格概要   私は、第1種電気工事士と1級電気工事施工管理技士を保有しています。 第1種電気工事士の施工範囲は、 (1) 一般用電気工作物の電気工事(第2種電気工事士も施工可能な範囲) に加...
電気主任技術者(第1種、2種、3種)

【電気設備技術基準】接地工事の種類・施工・注意点

1.電気設備の接地工事の種類と施工 電気設備の接地は、感電や火災から人や物を守る上で規定通りに施工することがとても重要です。 今回は、電験や電気工事士の試験でも良く出題される「接地」について「電気設備技術基準(通称...
電気工事士(第1種)

【電気工事士法】目的・電気工事の種類と資格・義務 ~一般用・自家用電気工作物や特種電気工事資格者について~

1.電気工事士法の目的・電気工事の種類と資格・義務 ~一般用・自家用電気工作物の定義~ 最大電力500kW未満の需要設備(非常用発電設備は含まれる)である自家用電気工作物の電気もこの法律の規制にかかります。 ...
消防設備士(甲種第4類、乙種第7類)

【資格の活用】電気工事士と消防設備士の組合せによる相乗効果(ダブルライセンスのメリット)

1.私の保有資格と資格概要 私は、第1種電気工事士と消防設備士(甲種第4類、乙種第7類)を保有しています。 消防設備士の甲種第4類は、警報設備のうち、自動火災報知設備、消防機関へ通報する火災報知設備、ガス漏れ火災警...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました