【資格取得】必要な努力量を見誤らない!

スポンサーリンク
資格取得・マインド(共通)

 資格試験に合格するには、学習の努力量が必要です。この努力量は、資格試験の場合には学習時間として考えます。

  合格に必要な学習時間は、人により異なります。

  ある程度、基礎知識がある人は、問題に慣れるだけの学習時間で済みますし、基礎知識から学習する場合には、基礎学習した後に、問題を解き慣れる学習を含め、長時間の努力量が必要となります。

  資格毎に「○○○○時間の学習が必要」などと記載している本やホームページ等がありますが、私は特に考えたことはありません。

  それは、上述したように、人により合格レベルに達する学習時間が異なるからです。

  では、必要な努力量を見誤らないポイントを以下に説明します。

  まず、学習のスケジュール表を作成します。これは、余裕を持って早めに作る必要があります。 過去記事で「【資格受験対策】学習計画スケジュールの立て方 ~8つのポイントを紹介~」や「【資格受験対策】年間で学習に取り組むべき資格と数か月の学習で取得可能な資格」を掲載していますので、参考にしてください。(最下部に関連リンクを貼りました)

  次に、学習の進捗状況をバーチャート行程表の下段に実線を入れて、進捗状況を管理していきます。遅れている様であれば、学習時間を増やし、進んでいる様であれば、次の予定の学習ステップに進むか、弱点補強のためのスケジュール項目を追加するかを決めます。

  最後に、模擬試験を3~2ヶ月ぐらい前から実施し、自分が合格基準点を取れているのかを確認します。合格基準点に達していれば、更に高得点が取れるように弱点問題を学習し補強していきます。また、合格基準点に達していないのであれば、学習時間を増やし、知識レベルの底上げが必要になります。合格基準が6割であれば、模擬試験で8割以上取れるようにしておき、自身の合格する確率を上げておく必要があります。

  試験当日は、緊張したり、体調がベストでなかったり、普段リラックスして模擬試験したときよりも実力を出しきれないものと考えておいた方が良いです。よって、必要な努力量を多めに見積もって学習して臨まれることをお勧めします。次回は、「 【資格取得】努力を継続できない理由を克服する ~続ければ合格します!~」について解説したいと思います。

関連過去記事1: 【資格受験対策】学習計画スケジュールの立て方 ~8つのポイントを紹介~

関連過去記事2: 【資格受験対策】年間で学習に取り組むべき資格と数か月の学習で取得可能な資格

以上

Wout バーベルにもなる ダンベル 10kg 2個セット
Wout
❗ 2018年最新 ダンベル ❗ 無駄な流通網を通さず工場との直取引によって圧倒的なコストパフォーマンスを実現。安価でも品質を犠牲にすることなく「初心者の方が求めやすい価格で使い勝手の良いダンベルを皆様にお届けする」というコンセプトを掲げ有名スポーツブランドが使用する世界各国の生産工場にて製造。                     

<通信講座の紹介>

かつて私が受講し合格できた「挑戦!電験二種受験合格講座」を初め、電験3種、電工1・2種、消防設備士、危険物取扱者、1・2級土木施工管理技士など豊富なエンジニア系の通信講座を扱っています。「挑戦!電験二種受験合格講座」のテキストは、東電の方をメインとして各部門のエキスパートの方が、それぞれの専門分野を章毎に執筆しています。また、質問券に対して丁寧な回答を頂きました。貴重で密度の濃い通信講座です。↓

【ヒューマンの通信講座*『たのまな』】
全国にスクールがある『ヒューマンアカデミー』の通信講座。講座は130以上!


スタディング技術士講座
(短期間で技術士に合格!)
1.論文対策・口頭対策をマンツーマン指導
2.経験豊富な講師による二次対策オンライン講座
3.添削機能で直接講師の指導が受けられる
お試し無料講座あり
のある方は、下記をクリックして下さい↓

スタディング技術士講座

以下は、第1種および第2種 電気工事士試験専門の通信講座です。重要なポイントさえ押さえることができれば、短期で対策ができます。電気工事士のエキスパート、早川先生のライブ講義で効率的に短期合格を目指しましょう。↓

【第一種電気工事士 短期合格特別講座】

以下は、施工管理技士の国家試験専門の通信講座で、「電気工事」「管工事」「土木」「建築」「造園」「舗装」「建設機械」に関する「1級」や「2級」、及び「学科/実地」や「実地のみ」とバリエーションが豊富な独学サポートの通信講座です。↓

1級電気工事施工管理技士[独学サポート・実地論文の作成指導あり、※1級電気以外の申込み方は、スマホではなく、パソコンからクリックしてください]

以下は、電気工事士、電験3種、管工事・土木施工管理技士、危険物取扱者、衛生管理者など多数のエンジニア資格を扱う通信講座です。↓

以下は、電験3種、衛生管理者、危険物取扱者(乙4)、2級土木施工管理技士などのエンジニア資格を扱うeラーニング(インターネット学習)の通信講座です。↓

eラーニング通信講座 ゼミネット

コメント

タイトルとURLをコピーしました