【資産形成】ふるさと納税の返礼品に関する感想 ~ワンストップ特例制度による5つの地方自治体の選択(3年目2022年)~

スポンサーリンク
資産形成

 

 

 

【資産形成】ふるさと納税の返礼品に関する感想 ~ワンストップ特例制度による5つの地方自治体の選択(3年目2022年)~

 

一昨年から「ふるさと納税」を始めました。今回で3年目です。ワンストップ特例制度は、ふるさと納税をした地方自治体から送ってもらった「寄付金税額控除に係る申告特例申請書」に、個人番号カードや運転免許証の写しを貼り付けて返信封筒で送付するだけで、わずらわしい確定申告が不要であり、翌年6月から1年間、寄付金額に応じて住民税が控除されます。

 

※詳しくは、別記事の「【資産形成】ふるさと納税 ~自治体への寄付によるメッリト(返礼品と住民税の控除)~」のリンクを末尾に貼りましたので、興味のある方は、参照してください。

 

以下に、私が今年、寄付した「ふるさと納税」に関する5つの返礼品について、感想を交えて紹介します。

 

なお、ワンストップ特例制度を利用する5つの返礼品については、同じ地方自治体でなく、上限が5つの別な地方自治体に分けることができます。言い換えれば、5つ以内の地方自治体であれば、返礼品の数は、住民税の控除額以内であれば、いくつ寄付しても有効となります。

 

1.みかん

 

みかんは、3年連続のランクインです。

 

子供たちがみかん好きなのと、武漢ウイルス(新型コロナウイルス)の免疫力の向上対策として、ビタミン豊富な訳アリみかん(少し傷あり)を貰いました。訳アリで沢山貰うので近所や友人にお裾分けしています。

 

一昨年から3年連続で武漢ウイルス(新型コロナウイルス)騒動が継続しており、免疫力を高めるうえで、みかんでビタミンを補うことは、よかったと感じています。

 

みかんの産地は、有田みかん(和歌山)や愛媛みかん(愛媛)など、自身のお好みで選べるのもよいと思います。一昨年は、有田みかん(和歌山)、去年は、熊本みかんだったので、今年は、長崎の島原みかんにしました。産地により食べ比べしてみるのもいいですね!

 

また、家族構成により量が多すぎるとい方は、重量が少ないものや、高級少量みかんの返礼品を選んで寄付するなど、量も調整可能です。

 

武漢ウイルス(新型コロナウイルス)騒動は、もうしばらく続きそうなので、みかんは免疫力を高めるビタミンとして、来年のふるさと納税でも候補の一角で考えています。

 

 

2.うなぎ(鰻)

 

魚介類好きですが、鰻は2年連続のランクインです。

 

これは、家族はもちろん、親や兄弟にも、送ってあげたところ、凄く喜んでくれたからです。

 

国産うなぎは、美味いですね。タレも美味い。

 

今回の5件の中で、最高の贅沢品です。

 

他の4件は、何回かに分けて食べたり、飲んだりできましたが、鰻は、量も貴重で僅かな数量なので、家族みんな揃った食事で味わうことができる贅沢食となりました。

 

国産「鰻の蒲焼パック」がクール便で届き、冷凍保存も可能なため、家族が揃うタイミングまで保存でき、その食材で味わう「鰻パーティー」は、自宅で味わうことが出来る、最高の贅沢な晩餐を堪能できます。

 

写真1.国産鰻の都道府県別生産量

 

鰻の美味しい食べ方として、沸騰したお湯で3~4分温めたあと、オーブントースターでアルミホイルに載せて3~4分程度過熱して食べました。これがより一層美味しくなる工夫です。国産うなぎを、自宅でくつろぎながら味わえるのだから、「最高のひととき」です。

 

写真2.鰻の蒲焼レシピ

 

「国産鰻の蒲焼パック」については、両親家族や兄弟家族にも送ってやって喜ばれました。

 

自分の自宅分、両親家族2軒分と兄弟家族1軒分、それぞれ送付先が違う住所なので、同じ地方自治体の鰻を1軒ずつ「ふるさと納税」手続きする形となります。家族構成により、4人家族なら4本か2本、2人家族なら2本など量も調整できる地方自治体もあります。

 

4軒、別べつに寄付することで、1地方自治体として扱われるため、ワンストップ特例制度を適用するにあたり、他に4つの地方自治体を選べることになります。

 

これにより、「寄付金税額控除に係る申告特例申請書」の提出枚数が増えることで、個人番号カードや運転免許証のコピー貼りの数は増えますが、親戚から喜ばれるため、お安い御用でした。

 

 

3.天然まぐろのたたき(ねぎとろ丼の具)

 

ねぎとろは、初のランクインです。

 

私は、魚貝類好きで、鰻も好きですが、お寿司も好きで、ねぎとろのまぐろなら、ご飯、寿司酢、ネギ、ワサビ、醤油があれば、ねぎとろ丼が簡単に作れます。

 

以下に同封されていた、ねぎとろ丼の簡単のレシピを掲載します。

 

写真3.ねぎとろ丼レシピ

 

私が貰った天然まぐろのたたきは、100gずつ、14袋に小分けされており、冷凍庫内でも嵩張らず、食べる分だけ、食すことができるのも便利です。

 

小分けされているため、単身赴任や寮生活している家族にも、分けてあげることができます。

 

何しろ、ねぎとろ丼は、調理が簡単なので、主婦の方に大変喜ばれます。

 

家族に、酢飯で作ってあげたら、とても美味しいと好評でした。

 

 

4.国産豚肉

 

こちらもみかんと並び三年連続のランクインです。

 

今年は、一昨年の宮崎県都農町産4.2kg、昨年の宮崎県都城市産3.7㎏から、4.0㎏へ肉の量を少し増やしたもので、熊本県大津町産のものを選んでみました。

 

牛肉の返礼品と違い量も多く、国産で美味しい豚肉は、家族も食べる度に喜んでいました。

 

但し、小分けになっていますが、4.0kg程度と量が多く、到着時に冷蔵庫の冷凍室がパンパンになるため、到着前に冷凍室を空けておく必要があります。

 

我が家では、「豚肉のすきやき」、「豚の塩鍋」、「豚キムチ鍋」、「豚汁」、「しょうが焼き」など様々な調理に活用できて、大変、重宝しています。

 

産地や量も選べるため、こだわりや家族構成などもクリアできる返礼品だと思います。

 

来年、「豚肉」は、候補ですが、産地を変えて食べ比べもしてみたいと考えています。

 

 

5.干物セット

 

上手い魚介類好きの候補としては、人気がある返礼品です。今回初のランクイン商品です。

 

私が貰ったのは、静岡県西伊豆町の干物専門店「大島水産」の「訳あり干物セット」でした。

 

品物は、クール便で届きます。

 

内訳は、「あじの干物」、「さばのみりん干し」、「塩さばの干物」、「金目鯛の干物」、「ほっけの干物」などが各3~6枚程度、28品以上になります。

 

写真4.訳アリ干物セット(クール便)

 

味加減や干し加減がちょうど良く全て美味しかったのですが、特に美味いと感じたのは、普段あまり食す機会が無かった「あじの干物」、「さばのみりん干し」は、美味しかったですね。

 

写真5.鯵(あじ)の干物焼き

 

私は、日本食中心の生活をしているため、干物専門店の味と干し加減がいい「干物焼き」と「ご飯」「味噌汁」があれば、十分です!

 

1種類ずつ家族で食する量があり、焼き魚で日本食について考える上でも、良い機会になりました。

 

 

6.まとめ(ふるさと納税の意義や制度、始めてみての全体的な感想)

 

武漢ウイルス禍(コロナ禍)の中で、外出が厳しい中、自宅で贅沢を味わうことで、地方に「ふるさと納税」という形で還元することができるのだから、ウイルス禍の前に、よい仕組みを作っていてよかったな!と感じています。

 

この「ふるさと納税」の仕組みで、日本全体の経済を支える意義は、大きいと感じています。

 

美味しい食を家族で食べる機会が作れて、さらに美味しいと喜びあえるのも、「ふるさと納税」の効果だと思います。

 

 

今回の返礼品の紹介分は、個人的な嗜好が大きく反映されたものになっていますが、他にも返礼品は多数ありますので、自分に合ったものを選んで試してみるのも面白いと思います。

 

ワンストップ特例制度の手続きは、思いの他、簡単でした。

 

私が行ったことは、「個人番号カード」と「運転免許証」をスキャナでパソコンに撮って、一枚の用紙に複数張ったものを印刷して、ハサミで切って貼り付けるだけの簡単なものでした。

 

地方自治体から送ってもらう、返信封筒には「切手」が不要なため、「切手代」もかかりませんでした。

 

ワンストップ特例制度があまりにも簡単な手続きであり、ほとんどの自治体からは、「受付完了通知」が送られてきましたので、これで翌年の住民税の控除は、間違い無しの確認がとれます。

 

このように簡単な手続きで、贅沢な返礼品を貰えて、翌年の住民税が控除される「ふるさと納税」は、来年も実施して寄付する予定です。
(※全返礼品のうち住民税控除額を引いた実費は2,000円かかりますが、寄付する全自治体分で実質2,000円は安くてお得すぎるという感じです)

 

「ふるさと納税」を活用して、地方に税金を還流することは、日本全体の国体を守るうえで、重要な仕組みであると、私は、感じています。

 

皆さんも、この返礼品の紹介記事をキッカケに、まだ寄付したことのない方は、今年から「ふるさと納税」を試してみて地方自治体に寄付してみては、いかがでしょうか。

 

関連記事

 

以下の関連記事で、「ふるさと納税」の意義やメリット、及びワンストップ特例制度などの手続きの概要を紹介しておりますので、興味のある方は、ご覧いただき参考にしてみて下さい。

 

関連記事:【資産形成】ふるさと納税 ~自治体への寄付によるメッリト(返礼品と住民税の控除)~

 

【資産形成】ふるさと納税 ~自治体への寄付によるメッリト(返礼品と住民税の控除)~
【資産形成】ふるさと納税 ~自治体への寄付によるメリット(返礼品と住民税の控除)~ 今年から、私も「ふるさと納税」をはじめました。 はじめてみて感じたことは、確定申告が不要な「ワンストップ特例制度」...

 

【資産形成】ふるさと納税の返礼品に関する感想 ~ワンストップ特例制度による5つの地方自治体の選択(初回)~

 

【資産形成】ふるさと納税の返礼品に関する感想 ~ワンストップ特例制度による5つの地方自治体の選択~
【資産形成】ふるさと納税の返礼品に関する感想 ~ワンストップ特例制度による5つの地方自治体の選択~ 昨年度から「ふるさと納税」を始めました。ワンストップ特例制度は、ふるさと納税をした地方自治体から...

 

【資産形成】ふるさと納税の返礼品に関する感想 ~ワンストップ特例制度による5つの地方自治体の選択(2年目)~

 

【資産形成】ふるさと納税の返礼品に関する感想 ~ワンストップ特例制度による5つの地方自治体の選択(2年目2021年)~
【資産形成】ふるさと納税の返礼品に関する感想 ~ワンストップ特例制度による5つの地方自治体の選択(2年目2021年)~ 昨年から「ふ...

 

厳選記事まとめ1: 【100記事投稿記念】筆者が選ぶ厳選21記事

 

【100記事投稿記念】筆者が選ぶ厳選21記事
2019年6月下旬からブログを開始し、毎日連続して記事投稿を続けた結果、目標の100記事に到達しました。 筆者が選ぶ厳選21の力作(りきさく)記事を纏め、以下に掲載しましたので、過去に見た方も、初めての方も、興味がある記事...

 

厳選記事まとめ2: 【150記事投稿記念】筆者が選ぶ厳選15記事

 

【150記事投稿記念】筆者が選ぶ厳選15記事
【150記事投稿記念】筆者が選ぶ厳選15記事 2019年10月から101記事目を投稿し、約5か月間で150記事に到達しました。 101~149記事の中で、筆者が選ぶ厳選15の力作(りきさく)記事を纏め、以下に掲載しましたので、...

 

厳選記事まとめ3: 【200記事投稿記念】筆者が選ぶ厳選15記事

 

【200記事投稿記念】筆者が選ぶ厳選15記事
【200記事投稿記念】筆者が選ぶ厳選15記事 2020年3月20日から151記事目を投稿し、その間、約10か月間かけて200記事に到達しました。 151~199記事の中で、筆者が選ぶ厳選15の力作(りきさく)記事を纏め...

 

以上

 

 

<転職支援サービスの紹介>

電気・機械・建築・土木・IT系技術職の転職を総合的に支援する。登録してみて自分の市場価値を把握し、転職のプロのサポートを受けてみてはいかがでしょうか。↓

JACリクルートメントは管理・専門職、ミドル・ハイクラス向けの高年収層に特化した転職エージェントです。↓

日総工産は全国に拠点を持つ、人材サービス企業です。
勤務地・収入など、ご希望に合った工場系のお仕事をご紹介し、安心して働いていただける環境づくりをしています。↓

JACの取引実績3,000社を超える外資系企業から依頼されている求人情報のほか、求職者の転職意欲に合わせた活動方法も紹介しています。↓

未経験OK、20代の理系に特化した就職、転職サービス!!UZUZ。理系(機械・電気電子・情報)出身の転職希望者に学歴を活かした就職先をご紹介。専攻学部・学科出身者の求人を数多く取り揃えています。

顧問弁護士監修の退職代行「退職代行Jobs」。低価格、24時間対応なのに、代行の安全性高いサービスを実現できるのがJobsの強みです。↓
退職代行Jobs

<通信講座の紹介>

かつて私が受講し合格できた「挑戦!電験二種受験合格講座」を初め、電験3種、電工1・2種、消防設備士、危険物取扱者、1・2級土木施工管理技士など豊富なエンジニア系の通信講座を扱っています。「挑戦!電験二種受験合格講座」のテキストは、東電の方をメインとして各部門のエキスパートの方が、それぞれの専門分野を章毎に執筆しています。また、質問券に対して丁寧な回答を頂きました。貴重で密度の濃い通信講座です。↓

【ヒューマンの通信講座*『たのまな』】 全国にスクールがある『ヒューマンアカデミー』の通信講座。講座は130以上!

スタディング技術士講座(短期間で技術士に合格!) 1.論文対策・口頭対策をマンツーマン指導 2.経験豊富な講師による二次対策オンライン講座 3.添削機能で直接講師の指導が受けられる お試し無料講座あり のある方は、下記をクリックして下さい↓

スタディング技術士講座

以下は、施工管理技士の国家試験専門の通信講座で、「電気工事」「管工事」「土木」「建築」「造園」「舗装」「建設機械」に関する「1級」や「2級」、及び「学科/実地」や「実地のみ」とバリエーションが豊富な独学サポートの通信講座です。↓

1級電気工事施工管理技士[独学サポート・実地論文の作成指導あり、※1級電気以外の申込み方は、スマホではなく、パソコンからクリックしてください]

以下は、電気工事士、電験3種、管工事・土木施工管理技士、危険物取扱者、衛生管理者など多数のエンジニア資格を扱う通信講座です。↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました