【技術士二次口頭試験対策】総合技術監理部門では試験制度に見直し無し ~総監は、どういった視点でQ&A集を作成すべきか?~

スポンサーリンク
技術士二次口頭試験

前回は、「【技術士二次筆記試験「一段落した後の」対策】 二次口頭試験に向けた準備」で筆記試験合格発表までの約3ヶ月間で口頭試験に向けた準備項目とスケジュール立ての重要性を述べました。その中で、一般部門については、試験制度見直しの新旧改定表により、試問事項が見直されている点を掲載しました。

それでは、総合技術監理部門はどうか結論から言うと、試験制度の見直しは特にありません。以下に、日本技術士会のホームページに掲載している「2019年度技術士試験判定基準(平成31年1月11日 文部科学省)」より口頭試験について抜粋し掲載しました。これによると、総合技術監理部門(必須科目)の口頭試験は、2018年度までと同じ以下の項目が試問事項となります。

上記の表では、
①総監の視点に立った体系的専門知識
②総監の視点に立った経歴及び応用能力
となっていますが、③「技術者倫理」や④「継続研鑽」についても総監の視点と絡めて、又は、単に問われる場合がありますので、準備しておいた方が無難です。

ここでQ&A集の作成等の準備にあたり、一般部門との違いで、重要な点は、総監の視点に立って受け答える必要があるということです。

具体的な質問を挙げれば、
Q1.総合技術監理部門の受験の動機と、取得後どのように活かしてしていけるか説明してください。
Q2.これまでの経歴を総合技術監理部門の5つの管理を交えた視点で説明してください。
Q3.これまで経験した失敗事例と解決策について、総監の視点で説明してください。

などがあり、これは、実際に私が口頭試験を受けた時の質問内容で、以上の大雑把な質問を皮切りに、次から次へと(5つの管理、公益確保の志し、リスク管理の実践、トレードオフの解決など)が備わっているのかの質問を浴びせられ、派生的にチッェクされます。

以上により、総合技術監理部門のQ&A集を作成する場合には、総監の視点に立っての受け答えの重要性を肝に銘じて、Q&A集の作成等の準備にあたる必要があります。

関連記事リンク1: 【技術士二次口頭試験対策】総合技術監理の本質とは

関連記事リンク2: 【技術士二次口頭試験対策】総集編 ~受験者の皆さんへエールを送る~

厳選記事リンク:  【100記事投稿記念】筆者が選ぶ厳選21記事

以上

<書籍の紹介>
技術士第二次試験「口頭試験」 受験必修ガイド(第5版)<2019年試験改正対応> [ 杉内 正弘 福田 遵 ]

技術士第二次「筆記試験」「口答試験」合格必携アドバイス 第2版 先輩合格者が合格するための秘訣を親身に解説!<2019年度改正対応> [ Net-P.E.Jp編 ]

聴く!技術士総合技術監理部門のツボ [ ビジネスマン自立実践会 ]

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 技術体系と傾向対策/福田遵【1000円以上送料無料】

技術士第二次試験「総合技術監理部門」攻略テキスト(平成25年度試験改正対応!) [ 5 Doors’ ]

事例に学ぶトレードオフを勝ち抜くための総合技術監理のテクニック第4版 リスクマネジメントのすすめ [ CTMリサーチフォーラム ]

トレードオフ 上質をとるか、手軽をとるか [ ケヴィン・メーニ ]


<通信講座の紹介>

スタディング技術士講座(短期間で技術士に合格!)
1.論文対策・口頭対策をマンツーマン指導
2.経験豊富な講師による二次対策オンライン講座
3.添削機能で直接講師の指導が受けられる
お試し無料講座あり
のある方は、下記をクリックして下さい↓

スタディング技術士講座

かつて私が受講し合格できた「挑戦!電験二種受験合格講座」を初め、電験3種、電工1・2種、消防設備士、危険物取扱者、1・2級土木施工管理技士など豊富なエンジニア系の通信講座を扱っています。「挑戦!電験二種受験合格講座」のテキストは、東電の方をメインとして各部門のエキスパートの方が、それぞれの専門分野を章毎に執筆しています。また、質問券に対して丁寧な回答を頂きました。貴重で密度の濃い通信講座です。↓

【ヒューマンの通信講座*『たのまな』】
全国にスクールがある『ヒューマンアカデミー』の通信講座。講座は130以上!

以下は、第1種および第2種 電気工事士試験専門の通信講座です。重要なポイントさえ押さえることができれば、短期で対策ができます。電気工事士のエキスパート、早川先生のライブ講義で効率的に短期合格を目指しましょう。↓

【第一種電気工事士 短期合格特別講座】

以下は、施工管理技士の国家試験専門の通信講座で、「電気工事」「管工事」「土木」「建築」「造園」「舗装」「建設機械」に関する「1級」や「2級」、及び「学科/実地」や「実地のみ」とバリエーションが豊富な独学サポートの通信講座です。↓

1級電気工事施工管理技士[独学サポート・実地論文の作成指導あり、※1級電気以外の申込み方は、スマホではなく、パソコンからクリックしてください]

以下は、電気工事士、電験3種、管工事・土木施工管理技士、危険物取扱者、衛生管理者など多数のエンジニア資格を扱う通信講座です。↓

以下は、電験3種、衛生管理者、危険物取扱者(乙4)、2級土木施工管理技士などのエンジニア資格を扱うeラーニング(インターネット学習)の通信講座です。↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました