【技術士二次口頭試験対策】部門別 口頭試験合格率の対前年度との比較予想(2019年度)

スポンサーリンク
技術士二次口頭試験
Mediamodifier / Pixabay

先日発表がありました筆記試験の合格者数より、2019年度の部門別 口頭試験合格率の対前年度との比較予想を表にまとめ作ってみました。  

1.技術士部門別 口頭試験合格率の対前年度との比較予想(2019年度)  

2.口頭試験合格率の増減を予想する際の仮定条件

(1)2019年度は、技術士の一般部門の二次試験の大幅見直しがあったため、今年度の試験を見送った人が多かったと予想し、筆記試験の受験者が前年度比で90%に減ったと仮定しました。但し、総合技術監理部門は、二次試験の見直しがなかったため、筆記試験の受験者は前年度比で同じと仮定しました。

(2)最終合格率(=口頭合格者数÷筆記受験者数)は、前年度と同じと仮定しました。

(3)一般部門は、前年度の筆記合格者数の90%の人数と今年度の筆記合格者数を比較し、今年度の合格者数が多ければ、口頭試験合格率はダウン、少なければアップとの考えで予想しました。総合技術監理部門は、前年度と今年度の筆記試験合格者数を比較し、予想しました。  

3.分析結果とおすすめ(まとめ)  

・2018年度は、受験者数が多い建設部門と総合技術監理部門の筆記試験合格率が極めて低い年であったため、必然的に全体としての口頭試験合格率は例年の8割程度から9割以上と高かったが、2019年度は、建設部門と総合技術監理部門の筆記試験合格者数が、例年通りに回復したため、全体としての口頭試験合格率は、8割程度に戻るものと推察します。  

・部門別に見たときに、2018年度と2019年度の筆記合格者数がほぼ同じか、見た目が減ったからといって、口頭試験の合格率は2018年度よりも同じか、または上がると考えることは、軽率ですので注意してください。なぜならば、2019年度からの試験制度の見直しにより2019年度の受験を見送った人が多数居ると考えられ、2019年度の二次試験の筆記受験者数自体が減っていると予想するためであり、最終合格率を例年通りに合わせるために口頭試験である程度落としてくることが考えられるからです。  

・筆記試験の合格者は、今回の口頭試験でのチャンスを活かせるように、口頭試験日までの準備にベストを尽くすことをお勧めします。

関連記事リンク1: 【技術士二次口頭試験対策】部門別 筆記試験結果と口頭試験合格率の増減予想(2019年度)

関連記事リンク2: 【技術士二次口頭試験対策】筆記試験・口頭試験の部門別の合格率を知る ~部門毎に合格率の違いはあるのか?~

関連記事リンク3: 【技術士二次口頭試験対策】筆記試験・口頭試験の科目別の合格率を知る ~科目毎に合格率の違いはあるのか?~

口頭対策まとめ記事: 【技術士二次口頭試験対策】総集編 ~受験者の皆さんへエールを送る~

厳選記事リンク: 【100記事投稿記念】筆者が選ぶ厳選21記事

以上

技術士 二次試験 ズバリ完全最短攻略法テキスト【総合技術監理部門】口頭試験編【AXS技術士学院シリーズ】
AXS技術士学院(アクセス技術士学院)
2018年最新版がPDF形式で保存されています。口頭試験について、合格に必要な事項を一通り解説しております。

<通信講座の紹介>

↓技術士口頭試験対策コース【2019年合格目標】実施中↓

スタディング技術士講座(短期間で技術士に合格!)
1.論文対策・口頭対策をマンツーマン指導
2.経験豊富な講師による二次対策オンライン講座
3.添削機能で直接講師の指導が受けられる
お試し無料講座あり
のある方は、下記をクリックして下さい↓

スタディング技術士講座

かつて私が受講し合格できた「挑戦!電験二種受験合格講座」を初め、電験3種、電工1・2種、消防設備士、危険物取扱者、1・2級土木施工管理技士など豊富なエンジニア系の通信講座を扱っています。「挑戦!電験二種受験合格講座」のテキストは、東電の方をメインとして各部門のエキスパートの方が、それぞれの専門分野を章毎に執筆しています。また、質問券に対して丁寧な回答を頂きました。貴重で密度の濃い通信講座です。↓

【ヒューマンの通信講座*『たのまな』】
全国にスクールがある『ヒューマンアカデミー』の通信講座。講座は130以上!

以下は、第1種および第2種 電気工事士試験専門の通信講座です。重要なポイントさえ押さえることができれば、短期で対策ができます。電気工事士のエキスパート、早川先生のライブ講義で効率的に短期合格を目指しましょう。↓

【第1種電気工事士 短期合格特別講座】

【第2種電気工事士 短期合格特別講座】

以下は、施工管理技士の国家試験専門の通信講座で、「電気工事」「管工事」「土木」「建築」「造園」「舗装」「建設機械」に関する「1級」や「2級」、及び「学科/実地」や「実地のみ」とバリエーションが豊富な独学サポートの通信講座です。↓

1級電気工事施工管理技士[独学サポート・実地論文の作成指導あり、※1級電気以外の申込み方は、スマホではなく、パソコンからクリックしてください]

以下は、電気工事士、電験3種、管工事・土木施工管理技士、危険物取扱者、衛生管理者など多数のエンジニア資格を扱う通信講座です。↓

以下は、電験3種、衛生管理者、危険物取扱者(乙4)、2級土木施工管理技士などのエンジニア資格を扱うeラーニング(インターネット学習)の通信講座です。↓

eラーニング通信講座 ゼミネット

コメント

タイトルとURLをコピーしました