【技術士二次口頭試験対策】技術者倫理「2責務」の背景 ~追加となった2責務~

スポンサーリンク
資格試験・受験対策(共通)

前の記事で「【技術士二次口頭試験対策】技術者倫理「3義務」の背景 ~技術士法の制定時からの3義務~」について取り上げました。今回は、続編として「追加となった2責務」の背景について解説します。   まず、技術士法の規定内容を以下に記載しました。

第四章 技術士等の義務  

(信用失墜行為の禁止)

第四十四条 技術士又は技術士補は、技術士若しくは技術士補の信用を傷つけ、又は技術士及び技術士補全体の不名誉となるような行為をしてはならない。  

(技術士等の秘密保持義務)

第四十五条 技術士又は技術士補は、正当の理由がなく、その業務に関して知り得た秘密を漏らし、又は盗用してはならない。技術士又は技術士補でなくなった後においても、同様とする。  

(技術士等の公益確保の責務)

第四十五条の二 技術士又は技術士補は、その業務を行うに当たっては、公共の安全、環境の保全その他の公益を害することのないよう努めなければならない。  

(技術士の名称表示の場合の義務)

第四十六条 技術士は、その業務に関して技術士の名称を表示するときは、その登録を受けた技術部門を明示してするものとし、登録を受けていない技術部門を表示してはならない。

(技術士補の業務の制限等)

第四十七条 技術士補は、第二条第一項に規定する業務について技術士を補助する場合を除くほか、技術士補の名称を表示して当該業務を行つてはならない。
2 前条の規定は、技術士補がその補助する技術士の業務に関してする技術士補の名称の表示について準用する。  

(技術士の資質向上の責務)

第四十七条の二 技術士は、常に、その業務に関して有する知識及び技能の水準を向上させ、その他その資質の向上を図るよう努めなければならない。

追加された条文  

条文の番号において、「第○○条の2」という枝番号の設定があるが、これは、第○○条とは別であり、後から第○○条の次に追加された条文であり、独立した別の条文です。つまり、第四十五条の二(技術士等の公益確保の責務)と第四十七条の二(技術士の資質向上の責務)は、追加された条文となります。  

<2責務が追加された背景と責務の意味>

2責務は、2000年(平成12年)の法改正で追加されました。  

<2000年当時の状況と2責務が追加された背景>

(1)現在と同様に、社会は技術に多くを依存し、技術が社会に及ぼす影響がますます大きくなっており、技術に携わる者が公共の安全、環境の保全等の公益の確保を図るべきことが強く求められていた。
(2)国際的な経済活動の活発化に伴い、技術者の国境を越えた活動を促進する必要性から欧米先進国を中心に技術者資格を相互に承認する動きが具体化しており、アジア太平洋経済協力においても、域内での技術者資格の相互承認に向けた基本的な枠組みが合意され、詳細な検討が進められていた。
(3)科学技術創造立国を目指す我が国としては、技術基盤の強化及び技術革新による国際競争力強化等を図るため、これを支える技術者の育成・確保が重要な課題と認識されていた。
(4)技術士は高等の専門的応用能力をもって我が国の科学技術の向上等に資することが期待されていた。  

以上より、(1)の背景が「公益確保の責務」となり、(2)(3)(4)の背景が「資質向上の責務」の条文追加に繋がっています。追加した内容は、以下となります。  

技術士等が技術に携わる者として果たすべき責務に関する規定等を新たに追加する
① 技術士及び技術士補について、その業務を行うに当たって、公共の安全や環境の保全等の公益を害することのないよう努めるべき責務を規定する。
② 技術士について、継続的にその知識及び技能の水準の向上を図るなど、技術士としての資質の向上に努めるべき責務を規定する。  

<責務の意味>

責務とは責任や任務のことで、守らなければ、責任を果たしていないとされるものです。  

以上、倫理に対する口頭試験対策としての細かなQ&A対策に走りがちになりますが、その前段としての2責務が追加された背景や意味を土台として、次に枝葉のQ&Aを検討することで、本番の試験官とのやり取りに厚みが出ますので、参考にしてみて下さい。  

関連記事リンク1: 【技術士二次口頭試験対策】技術者倫理「公益確保の責務」 ~次世代の技術者への誠実さを継承~  

関連記事リンク2: 【技術士二次口頭試験対策】技術者倫理「3義務」の背景 ~技術士法の制定時からの3義務~

関連まとめ記事: 【技術士二次口頭試験対策】総集編 ~受験者の皆さんへエールを送る~

厳選記事リンク: 【100記事投稿記念】筆者が選ぶ厳選21記事

以上

首マッサージャー ネック・ショルダ マッサージ 器 ポータブル 重力 指圧マッサージ ローローリラクサー ストレス 解消と姿勢 改善 首と肩の痛み 緩和 筋肉緊張 をほぐします 睡眠を改善する マッサージ・ツボ押しグッズ ポータブル 旅行、家庭 運転する用
BLUEKEY
は、市販の唯一の手頃な価格の持ち運びが可能な軽量で非電動のネックマッサージャーで、医師やカイロプラクターが使いやすく、肩や背中の筋肉の緊張を緩和するのに役立ちます。 あなたの人生の質を向上させる

<書籍の紹介>

科学技術者の倫理第3版 その考え方と事例 [ 日本技術士会 ]

技術者倫理事例集 [ 電気学会 ]

事例で学ぶ技術者倫理 技術者倫理事例集第2集 [ 電気学会 ]

技術者による実践的工学倫理 第4版 先人の知恵と戦いから学ぶ [ (一社)近畿化学協会 工学倫理研究会 ]

技術者倫理 [ 松島隆裕 ]

技術者の倫理改訂版 [ 林真理 ]

大学の学びガイド 社会人・技術者倫理入門 [ 比屋根 均 ]

技術者倫理 グローバル社会で活躍するための異文化理解 [ 秋山仁 ]

土木技術者の倫理を考える 3.11と土木の原点への回帰 [ 土木学会 ]

工学倫理 技術者としての職業倫理と実践方法 [ 堀田源治 ]

技術者倫理日本の事例と考察 問題点と判断基準を探る [ 田岡直規 ]

水産技術者の業務と技術者倫理 [ 日本水産学会 ]

農林水産業の技術者倫理 [ 祖田修 ]

新しい時代の技術者倫理/札野順【合計3000円以上で送料無料】

技術者倫理を考える 持続可能な社会をめざして [ 石塚正英 ]

技術者倫理とリスクマネジメント 事故はどうして防げなかったのか?/中村昌允【1000円以上送料無料】

本質から考え行動する科学技術者倫理 [ 金沢工業大学・科学技術応用倫理研究所 ]

技術士第二次試験「口頭試験」 受験必修ガイド(第5版)<2019年試験改正対応> [ 杉内 正弘 福田 遵 ]

技術士第二次「筆記試験」「口答試験」合格必携アドバイス 第2版 先輩合格者が合格するための秘訣を親身に解説!<2019年度改正対応> [ Net-P.E.Jp編 ]

技術士第二次試験合格者たちの勉強法/匠習作【合計3000円以上で送料無料】

新・世の中を元気にする 技術士を目指せ [ 本田 潔 ]

技術士第二次試験「総合技術監理部門」攻略テキスト(平成25年度試験改正対応!) [ 5 Doors’ ]

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト<技術体系と傾向対策> [ 福田 遵 ]

<通信講座の紹介>

かつて私が受講し合格できた「挑戦!電験二種受験合格講座」を初め、電験3種、電工1・2種、消防設備士、危険物取扱者、1・2級土木施工管理技士など豊富なエンジニア系の通信講座を扱っています。「挑戦!電験二種受験合格講座」のテキストは、東電の方をメインとして各部門のエキスパートの方が、それぞれの専門分野を章毎に執筆しています。また、質問券に対して丁寧な回答を頂きました。貴重で密度の濃い通信講座です。↓

【ヒューマンの通信講座*『たのまな』】
全国にスクールがある『ヒューマンアカデミー』の通信講座。講座は130以上!


スタディング技術士講座
(短期間で技術士に合格!)
1.論文対策・口頭対策をマンツーマン指導
2.経験豊富な講師による二次対策オンライン講座
3.添削機能で直接講師の指導が受けられる
お試し無料講座あり
のある方は、下記をクリックして下さい↓

スタディング技術士講座

以下は、第1種および第2種 電気工事士試験専門の通信講座です。重要なポイントさえ押さえることができれば、短期で対策ができます。電気工事士のエキスパート、早川先生のライブ講義で効率的に短期合格を目指しましょう。↓

【第一種電気工事士 短期合格特別講座】

以下は、施工管理技士の国家試験専門の通信講座で、「電気工事」「管工事」「土木」「建築」「造園」「舗装」「建設機械」に関する「1級」や「2級」、及び「学科/実地」や「実地のみ」とバリエーションが豊富な独学サポートの通信講座です。↓

以下は、電験3種、衛生管理者、危険物取扱者(乙4)、2級土木施工管理技士などのエンジニア資格を扱うeラーニング(インターネット学習)の通信講座です。↓

eラーニング通信講座 ゼミネット

以下は、電験3種、衛生管理者、危険物取扱者(乙4)、2級土木施工管理技士などのエンジニア資格を扱うeラーニング(インターネット学習)の通信講座です。↓

eラーニング通信講座 ゼミネット

1級電気工事施工管理技士[独学サポート・実地論文の作成指導あり、※1級電気以外の申込み方は、スマホではなく、パソコンからクリックしてください]

以下は、電気工事士、電験3種、管工事・土木施工管理技士、危険物取扱者、衛生管理者など多数のエンジニア資格を扱う通信講座です。↓

以下は、電験3種、衛生管理者、危険物取扱者(乙4)、2級土木施工管理技士などのエンジニア資格を扱うeラーニング(インターネット学習)の通信講座です。↓

eラーニング通信講座 ゼミネット

コメント

タイトルとURLをコピーしました