資格毎の定義

スポンサーリンク
危険物取扱者(乙種第4類)

【資格の概要】危険物取扱者とは ~甲・乙・丙種と分類について~

Wikipediaによると、危険物取扱者(きけんぶつとりあつかいしゃ、Hazardous Materials Engineer)は、消防法に基づく危険物を取り扱ったり、その取扱いに立ち会うために必要となる日本の国家資格です...
技術士二次口頭試験

【技術士二次口頭試験対策】技術士の目的と定義 ~技術士法制定の背景~

「あなたは技術士の目的や定義を知っていますか?」 このような根本的な質問があった場合に、答えられないようでは、何なのために技術士を目指しているのか分りません。   今回は、技術士法のベースとなる「技術士の目的と定義...
衛生管理者(第1種)

【資格の概要】衛生管理者とは~1種、2種、衛生工学の違い~

Wikipediaによると、衛生管理者とは、労働安全衛生法において定められている、労働環境の衛生的改善と疾病の予防処置等を担当し、事業場の衛生全般の管理をする者、またはその資格(国家資格)です。一定規模以上の事業場につ...
消防設備士(甲種第4類、乙種第7類)

【資格の概要】消防設備士とは ~甲種と乙種の分類(違い)~

Wikipediaによると、消防設備士は、消火器やスプリンクラー設備などの消火設備、自動火災報知設備などの警報設備、救助袋などの避難設備の設置工事、点検整備を行うことができる国家資格であり、消防法を設置根拠としています...
電気主任技術者(第1種、2種、3種)

【資格の概要】電気主任技術者とは ~電験と呼ばれる理由~

Wikipediaによると電気主任技術者とは、事業用電気工作物の工事、維持及び運用に関する保安の監督をさせるため、設置者が電気事業法上置かねばならない電気保安のための責任者です。※事業用電気工作物の説明については、末尾...
電気工事士(第1種)

【資格の概要】電気工事士とは ~電気工事士法による規定~

Wikipediaによると、電気工事士とは、第一種電気工事士と第二種電気工事士とがあり、それぞれ自家用電気工作物または一般用電気工作物の工事に関する専門的な知識と技能を有するものに都道府県知事により与えられる資格です。...
労働安全コンサルタント

【資格の概要】労働安全コンサルタントとは~労働安全衛生法での定義~

Wikipediaによると労働安全コンサルタントとは、「労働安全衛生法に基づく労働安全コンサルタント試験(国家試験)に合格した者で、厚生労働省に備える労働安全コンサルタント名簿に登録した者である」とのことです。 ...
技術士全般

【資格の概要】技術士とは ~科学技術分野での最高位~

Wikipediaによると、技術士とは“科学技術分野での最高位の国家資格”です。 技術士としての条件は3つあります。 ・1つ目は、技術士二次試験に合格し、文部科学省(指定登録機関:日本技術士会)...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました