【資格取得】合格率が低い年がある ~技術士一次試験の過去の合格率推移を例に解説~

スポンサーリンク
資格取得・マインド(共通)

前回は、「 【資格取得】合格率が高い年がある」について述べましたが、今回は逆に「【資格取得】合格率が低い年がある」について、述べたいと思います。

まず、私の経験で言うと技術士の一次試験は、合格率40%前後の合格率が高い試験ですが、数年に一度は、合格率が極端に低い年があります。下記に「技術士一次試験」の合格率を求めた表を示しました。

※黄色い箇所は、合格率が30%以下であり、合格率が低い年を示します。

35年間のうち、合格率が30%以下の年は、14回あります。表からは、昔は合格率が比較的低く、近年は、高い傾向が読み取れます。最近15年間での30%以下の年は、平成17年度と平成23年度の2回のみで、平成23年度は合格率が21.4%と極端に低い年でしたが、翌年の平成24年度は63.3%と合格率が3倍に跳ね上がっています。

つまり、合格率が比較的高い資格試験でも、「その年によっては」極端に低い年があることを肝に銘じて、如何なる問題が出題されても、合格できる実力を養っておくことで、一発合格の確立が高まります。私の時も、合格率が稀に低い年に技術士の一次試験を受験し、合格基準ギリギリでしたが、無事一発合格出来ました。年度毎の問題レベルに左右されない実力を養っておくことが、重要だと実感した次第です。

関連記事リンク1: 【資格取得】技術士 一次試験 合格率結果発表(2019年度)

関連記事リンク2: 【資格取得】合格率の高い年がある ~電験2種二次試験の過去の合格率推移を例に解説~

関連記事リンク3: 【資格取得】一発合格の優位性について

関連記事リンク4: 【資格取得】一発合格の精神衛生上のメリットについて

厳選記事のまとめ: 【100記事投稿記念】筆者が選ぶ厳選21記事

以上

<通信講座の紹介>

かつて私が受講し合格できた「挑戦!電験二種受験合格講座」を初め、電験3種、電工1・2種、消防設備士、危険物取扱者、1・2級土木施工管理技士など豊富なエンジニア系の通信講座を扱っています。「挑戦!電験二種受験合格講座」のテキストは、東電の方をメインとして各部門のエキスパートの方が、それぞれの専門分野を章毎に執筆しています。また、質問券に対して丁寧な回答を頂きました。貴重で密度の濃い通信講座です。↓

【ヒューマンの通信講座*『たのまな』】
全国にスクールがある『ヒューマンアカデミー』の通信講座。講座は130以上!


スタディング技術士講座
(短期間で技術士に合格!)
1.論文対策・口頭対策をマンツーマン指導
2.経験豊富な講師による二次対策オンライン講座
3.添削機能で直接講師の指導が受けられる
お試し無料講座あり
のある方は、下記をクリックして下さい↓

スタディング技術士講座

以下は、第1種および第2種 電気工事士試験専門の通信講座です。重要なポイントさえ押さえることができれば、短期で対策ができます。電気工事士のエキスパート、早川先生のライブ講義で効率的に短期合格を目指しましょう。↓

【第一種電気工事士 短期合格特別講座】

以下は、施工管理技士の国家試験専門の通信講座で、「電気工事」「管工事」「土木」「建築」「造園」「舗装」「建設機械」に関する「1級」や「2級」、及び「学科/実地」や「実地のみ」とバリエーションが豊富な独学サポートの通信講座です。↓

1級電気工事施工管理技士[独学サポート・実地論文の作成指導あり、※1級電気以外の申込み方は、スマホではなく、パソコンからクリックしてください]

以下は、電気工事士、電験3種、管工事・土木施工管理技士、危険物取扱者、衛生管理者など多数のエンジニア資格を扱う通信講座です。↓

以下は、電験3種、衛生管理者、危険物取扱者(乙4)、2級土木施工管理技士などのエンジニア資格を扱うeラーニング(インターネット学習)の通信講座です。↓

eラーニング通信講座 ゼミネット

<書籍の紹介>

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました