【投資信託】積立NISA口座を他社から楽天証券への切換え方法 ~SBI証券からの乗換え(金融機関の移管)方法~

スポンサーリンク
投資信託

【投資信託】積立NISA口座を他社から楽天証券への切換え方法 ~SBI証券からの乗換え(金融機関の移管)方法~

前の記事で、投信積立する際に、楽天証券の口座は、楽天カードクレジット決済により、月額50,000円分まで1%のポイント還元される最大のメリットについて触れ、楽天証券が積立NISAや投信積立に有利な点を利用した、私の楽天口座での運用方法を解説しました。

※.興味のある方は、末尾に、関連記事として、リンクを貼りましたので参照願います。

 

今回は、私が体験した積立NISA口座をSBI証券から楽天証券に移管した手続き方法や留意点について、以下に解説します。  

 

1.積立NISAを他社から楽天証券へ乗換え前の前提条件

 

(1)楽天証券の特定口座を開設しておく

 

  楽天証券口座をお持ちでない場合には、以下に記載する積立NISAの申込のときでも構いません。  

 

(2)楽天カード(クレジット機能付)を作成しておく

 

  楽天銀行デビットカードではなく、楽天カード(クレジット機能付)を作成する必要があります。これにより積NISAを楽天カードでクレジット決済にすることにより、買付金額の1%分の楽天スーパーポイントが得られます。この得られたポイントで更に投信積立が可能となります。

 

(3)翌年の変更は、前年の10月1日からです

 

  つまり9月30日までであれば、当年中に変更できます。但し、それは、当年中に積立NISA商品を購入していない場合に限ります。つまり例えば、当年1月に積立NISA商品を買付していれば、その年は1月に買付けした口座で買い続けるしかありません。

よって、現実的には、年末までに切換えて(移管して)、翌年から楽天証券の口座で買い付けることになります。

 

2.積立NISAの金融機関変更の流れ

 

手順1. SBI証券へ電話しNISA口座解約を申し出る

SBI証券へ電話して「金融商品取引業者等変更届出書」を取り寄せる

 

手順2.楽天証券にてつみたてNISAの申し込みをする

楽天証券へ資料請求して「スターターキッド」を取り寄せる

(楽天証券ホームページより)

 

手順3.解約用紙をSBI証券へ返送し「勘定廃止通知書」を手にいれる

SBI証券へ「変更届出書」を返送して「非課税管理勘定廃止通知書」を取り寄せる

 

手順4.楽天証券へ書類返送

楽天証券に「つみたてNISA開設届出書」と「勘定廃止通知書」を提出する

 

しばらくするとNISA口座開設完了します!

手順1と手順2は、同時進行が可能です。

手順3は、手順1が終了し、資料受取後に可能です。

手順4は、手順2が終了し、資料受取後に可能です。

 

これから、上記の手順を詳しく解説していきます。

 

手順1. SBI証券へ電話しNISA口座解約を申し出る: SBI証券へ電話して「金融商品取引業者等変更届出書」を取り寄せる

 

電話でしか受け付けていませんが、特に気がねする必要もありません。引き止める文言もなく、あっさり「金融商品取引業者等変更届出書」が数日以内に送付されますので、受取ったあとに「提出日と名前」だけを記入し返送します。

 

SBI証券の連絡先へNISA口座解約を申し出る

 

(フリーダイヤル)0120-104-214

 

(携帯電話・PHSの場合)0570-550-104

 

受付時間:平日9時~18時(但し、年末年始を除く)

 

「金融商品取引業者等変更届出書」は、電話して2~4日程度で自宅に届きます。

 

手順2. 楽天証券にてつみたてNISAの申し込みをする: 楽天証券へ資料請求して「スターターキッド」を取り寄せる (楽天証券ホームページより)

 

積立NISAの資料請求には、あらかじめ楽天証券の総合口座が開設済みである必要があります。

楽天証券の総合口座をお持ちでない方は、先に総合口座を開設して、その後にNISA口座を開設する流れになりますので、総合口座を開設済みの人よりも手続き期間を要します。

 

PCやスマホで、楽天証券のホームページを開き、そこかれ総合口座やNISA口座を申し込む形になります。

 

◆総合口座の申込画面(右上の「口座開設」をクリックしてください)

【楽天証券】口座開設キャンペーン | 楽天証券
キャンペーン期間中、キャンペーン専用ページ内の申込みボタンから楽天証券に口座開設資料の請求をしていただき、口座開設+各取引を達成なさった方に、楽天証券ポイントをプレゼントいたします。

 

◆積立NISA口座の申込画面

つみたてNISA(積立NISA)| NISA(ニーサ):少額投資非課税制度 | 楽天証券
楽天証券のつみたてNISA(積立ニーサ)なら、節税しながらポイントも貯まるのでダブルでおトク!最低100円から積立できるので、投資が初めての方にもオススメです。投資信託の取扱い本数120本以上!楽天証券のつみたてNISAはこちら

 

NISA口座は、NISA申し込み画面で「NISA口座を他社から変更する」をクリックし申込ます。

 

NISA口座をWebで申込んでから、1週間程度で「つみたて投資スターターキット」が到着します。

 

手順3. 解約用紙をSBI証券へ返送し「勘定廃止通知書」を手にいれる: SBI証券へ「変更届出書」を返送して「勘定廃止通知書」を取り寄せる

 

電話して取り寄せた書類「変更届出書」に「提出日と名前」だけ書いて返信用封筒でSBI証券へ返送します。
(「変更届出書」の正式名称は、「金融証券取引業者等変更届出書」です)

 

  返送

 

返送すると約1週間で最重要書類である「勘定廃止通知書」が登録住所に送られてきます。

 

こちらも「変更届出書」を郵送して、1週間程度で「勘定廃止通知書」が届きます。

 

この「勘定廃止通知書」は、手順4で楽天証券に一緒に送る重要資料となります。

 

手順4. 楽天証券へ書類返送: 楽天証券に「つみたてNISA開設届出書」と「勘定廃止通知書」を提出する

 

楽天証券から届いた「スターターキット」に必要情報を記入し、「勘定廃止通知書」を添えて返信します。

 

楽天証券の「つみたてNISA開設届出書」とSBI証券から送られてきた「勘定廃止通知書」を返信用封筒へ入れて、楽天証券へ郵送します。
(「つみたてNISA開設届出書」の正式名称は、「非課税適用確認書の交付申請書 兼 非課税口座開設届出書)」です)

 

郵送後に、2週間程度でつみたてNISAの口座開設が完了します。
(楽天証券から開設手続き完了メールが届きます)

 

手順1と手順2を同時進行した場合には、手順4が完了するまでに、最短の場合に、3週間程度でNISA口座が開設します。

 

2.積立NISAの金融機関変更の留意点(注意点)

 

・年末までに積立NISA口座を移管できていない場合には、12月中に、翌年1月の「移管前の金融機関での積立NISA自動買付け設定を削除」しておきましょう。

 

・楽天カードクレジット決済で、積立NISAや投信積立を自動買付けすることで、買付け金額の1%の楽天スーパーポイントが得られるのが移管の最大メリットです。(但し、ポイント付与対象分は、月50,000円の買付け分が、上限となります)楽天カードを持っていない方は、積立NISAを楽天証券に移管開設する手続きと同時に、楽天カードを作りましょう。

 

 

〔楽天カードクレジット決済のメリット〕

 

〔楽天カードクレジット決済のステップ〕

 

 

 

  ・楽天カードクレジット決済での翌月の積立申込締切日は、前月の12日が締切日となります。翌年1月から積立を開始したいのであれば、前年12月12日が積立申込の締切日です。

 

〔楽天カードクレジット決済のスケジュールと関係日〕

 

   

 

・楽天証券への積立口座の移管完了や楽天カードの作成が12月12日を過ぎてしまった場合には、2月以降の買付けになります。積立NISAであれば、年間上限枠が40万円であるため、12カ月で割った月額上限は33,333円ですが、2月以降の積立買付けの場合には、11カ月で割って36,363円となるように買付け設定するなど臨機応変な対応が可能です。

 

・私も移管完了が12月12日を過ぎてしまったため、2月以降の購入となりました。積立NISA買付け自動設定金額を36,363円として、楽天スーパーポイントの対象上限が月50,000円であるため、差額分の13,637円を特定口座で買付け設定しました。

 

・積立NISAの月額設定金額が、2月以降で上限40万円となるように設定されている場合には、翌年分の買付けを1月から買付けできるように、前年の11月16日頃~12月12日の期間中に、積立NISAと特定口座の投信積立額を見直す必要があります。

 

・投信積立買付けにより、貰った楽天スーパーポイントで投信積立する場合には、月額積立額の1%分を楽天ポイントで買付けできるように設定しておくことをお勧めします。

 

・ちなみに、私は、積立NISA口座と特定口座の月額購入分を合せて毎月50,000円になるように設定買付けしているため、毎月、楽天スーパーポイントを500ポイント、投資により貰っています。その500ポイントを利用して、買付け時期を月の中間時期(例えば15日とか)で設定し特定口座で500円分の投信積立をしています。

 

・なお、投資は「自己責任」ですので、くれぐれもお忘れなきよう、留意してください。

 

4.まとめ(手順の要点)

 

手順1.SBI証券へ電話しNISA口座解約を申し出る

 

手順2.楽天証券にてつみたてNISAの申し込みをする
(楽天証券口座をお持ちでない方は、口座開設の手続きを!)

 

手順3.解約用紙をSBI証券へ返送し「勘定廃止通知書」を手にいれる

 

手順4.楽天証券に「つみたてNISA開設届出書」と「勘定廃止通知書」を提出する

 

その他.楽天カードをお持ちでない方は、楽天カード作っておく(楽天ポイントゲットのため)

 

関連記事: 【投資信託】積立NISAや投信積立の口座開設時に優先すべき証券会社 ~楽天証券の楽天カード決済で1%ポイント還元~

 

厳選記事リンク1:  【100記事投稿記念】筆者が選ぶ厳選21記事

 

厳選記事リンク2:  【150記事投稿記念】筆者が選ぶ厳選15記事  

以上

<転職支援サービスの紹介>

電気・機械・建築・土木・IT系技術職の転職を総合的に支援する。登録してみて自分の市場価値を把握し、転職のプロのサポートを受けてみてはいかがでしょうか。↓

JACリクルートメントは管理・専門職、ミドル・ハイクラス向けの高年収層に特化した転職エージェントです。↓

ウズキャリとは10代~20代の第二新卒・既卒・フリーター・ニートを対象とした就職エージェントです。既卒・第二新卒・フリーター・ニートの内定率83%以上です。↓

日総工産は全国に拠点を持つ、人材サービス企業です。
勤務地・収入など、ご希望に合った工場系のお仕事をご紹介し、安心して働いていただける環境づくりをしています。↓

JACの取引実績3,000社を超える外資系企業から依頼されている求人情報のほか、求職者の転職意欲に合わせた活動方法も紹介しています。↓

日本初の退職代行サービス「EXIT」は、 累計2500人以上(業界トップ)の退職代行を実施、退職成功率は「100%」だから安心してお任せできます。↓
退職代行EXIT

<通信講座の紹介>

かつて私が受講し合格できた「挑戦!電験二種受験合格講座」を初め、電験3種、電工1・2種、消防設備士、危険物取扱者、1・2級土木施工管理技士など豊富なエンジニア系の通信講座を扱っています。「挑戦!電験二種受験合格講座」のテキストは、東電の方をメインとして各部門のエキスパートの方が、それぞれの専門分野を章毎に執筆しています。また、質問券に対して丁寧な回答を頂きました。貴重で密度の濃い通信講座です。↓

【ヒューマンの通信講座*『たのまな』】 全国にスクールがある『ヒューマンアカデミー』の通信講座。講座は130以上!

スタディング技術士講座(短期間で技術士に合格!) 1.論文対策・口頭対策をマンツーマン指導 2.経験豊富な講師による二次対策オンライン講座 3.添削機能で直接講師の指導が受けられる お試し無料講座あり のある方は、下記をクリックして下さい↓

スタディング技術士講座

以下は、第1種および第2種 電気工事士試験専門の通信講座です。重要なポイントさえ押さえることができれば、短期で対策ができます。電気工事士のエキスパート、早川先生のライブ講義で効率的に短期合格を目指しましょう。↓

【第1種電気工事士 短期合格特別講座】 【第2種電気工事士 短期合格特別講座】

以下は、施工管理技士の国家試験専門の通信講座で、「電気工事」「管工事」「土木」「建築」「造園」「舗装」「建設機械」に関する「1級」や「2級」、及び「学科/実地」や「実地のみ」とバリエーションが豊富な独学サポートの通信講座です。↓

1級電気工事施工管理技士[独学サポート・実地論文の作成指導あり、※1級電気以外の申込み方は、スマホではなく、パソコンからクリックしてください]

以下は、電気工事士、電験3種、管工事・土木施工管理技士、危険物取扱者、衛生管理者など多数のエンジニア資格を扱う通信講座です。↓

以下は、電験3種、衛生管理者、危険物取扱者(乙4)、2級土木施工管理技士などのエンジニア資格を扱うeラーニング(インターネット学習)の通信講座です。↓

eラーニング通信講座 ゼミネット

コメント

タイトルとURLをコピーしました