【資格取得】ガス主任技術者(甲・乙・丙種)とは ~電気主任技術者(電験)との比較~

スポンサーリンク
電気主任技術者(第1種、2種、3種)

 

【資格取得】ガス主任技術者(甲・乙・丙種)とは ~電気主任技術者(電験)との比較~

 

ガス主任技術者とは、ガス事業(小売・導管・製造)の用に供するガス工作物の工事、維持及び運用に関する保安の監督をさせるため、設置者がガス事業法上置かねばならない保安のための責任者です。

 

ガス主任技術者の指名に際しては、経済産業省令に定められる通り、対象とするガス工作物の最高使用圧力に応じて、甲種、乙種及び丙種ガス主任技術者国家試験に合格し、免状を保有している者のうちから選出しなければなりません。

 

具体的には、一般の需要に応じ導管を通じて供給される都市ガスの製造、供給、小売全ての過程のガスを取り扱う資格です。『ガス事業法』に基づきガス工作物の保安・監督などを行うことが仕事です。

 

乙種 スマホで覚える ガス主任技術者試験 基礎理論 計算問題解説集 令和2年版

 

甲種 スマホで覚えるガス主任技術者試験 基礎理論 計算問題解説集 令和2年版

 

1.ガス主任技術者免状の種類と監督の範囲

 

甲種– ガス工作物の工事、 維持及び運用

 

乙種– 最高使用圧力が 中圧(*1)及び低圧(*2)のガス工作物並びに特定ガス発生設備等(*3)に係るガス工作物等の工事、維持及び運用

 

*1.中圧とは、ガスによる圧力であって、0.1MPa以上、1.0MPa未満の圧力をいいます。

 

*2.低圧とは、ガスによる圧力であって、0.1MPa未満の圧力をいいます。

 

*3.特定ガス発生設備等とは、特定ガス発生設備と移動式ガス発生設備を指します。

特定ガス発生設備(*4)は、 簡易ガス事業(*5)のためのもので、LPGボンベと気化装置からなります。

移動式ガス発生設備は、ガスを一時的に供給するための移動することができるガス発生設備です。
熱量変更時とか導管工事、災害等の非常時に使います。

 

丙種– 特定ガス発生設備(*4)に係るガス工作物の工事、維持及び運用

 

*4.特定ガス発生装置の概略図

 

*5.簡易ガス事業とは、ガス事業法に基づき許可を受けた簡易ガス事業者が、「一般の需要に応じ、政令で定める簡易なガス発生設備(『特定ガス発生設備』という。)においてガスを発生させ、導管によりこれ(※主にLPG)を供給する事業であって、一の団地内におけるガスの供給地点の数が70以上のものをいう。」(法第2条第3項)
簡易ガス事業についても、一般ガス事業者に対する規制よりは緩やかなものの、供給義務が課され、原則として認可を受けた料金その他の供給条件での供給しか認められません。

 

2.ガス主任技術者と電気主任技術者の比較(違い)

比較項目

ガス主任技術者

電気主任技術者

法律

ガス事業法(昭和29年3月31日法律第51号)
※電気事業法よりも10年古い制定である

電気事業法(昭和39年7月11日法律第170号)

監督所管

経済産業省

経済産業省

資格の分類

国家資格

設置義務資格(必置資格)

国家資格

設置義務資格(必置資格)

免状の種類

甲種・乙種・丙種に分類

第1種・第2種・第3種に分類

免状毎の

監督範囲の

区分

ガス圧力や設備形態(事業形態)により区分

電圧や発電設備の出力により区分

※.末尾に関連過去記事のリンクを貼りましたので、詳細はそちらで参照下さい

筆記試験以外の免状取得方法

なし

学歴等による実務経験で申請取得可能

一次・二次試験

全ての試験種類において、1回の試験で合否決定

第1種および第2種は、一次試験合格者が二次試験を受験する

第3種は、1回の試験で合否決定

科目合格制度

なし

第3種の試験、および第1種と第2種の一次試験において科目合格制度あり(2年間有効)

出題形式

マークシート問題+論述問題

第3種:マークシート問題

第1種・第2種一次試験:マークシート問題

第1種・第2種二次試験:記述式問題

試験月

例年9月下旬頃

●第一種

□一次試験・・・・8月下旬頃

□二次試験・・・・11月中旬頃

●第二種

□一次試験・・・・8月下旬頃

□二次試験・・・・11月中旬頃

●第三種

□一次試験・・・・9月上旬頃

受験資格

制限なし

制限なし

受付期間

例年5月下旬~6月上旬頃まで

例年5月下旬~6月中旬頃まで

受験料

一律12,700円(願書を入手し郵送申込み)

※受験願書受付期間:5月下旬の指示日まで

●第一種・・・・12,400円(郵送:12,800円)

●第二種・・・・12,400円(郵送:12,800円)

●第三種・・・・4,850円(郵送:5,200円)

合格発表月

例年12月下旬頃

●第一種・第二種

□一次試験・・・・10月中旬頃

□二次試験・・・・2月中旬頃

●第三種

□一次試験・・・・10月下旬頃

難易度

普通

近年合格率は甲種:6.6%、乙種:11.6%、丙種:17.0%程度である

やや難しい~普通

近年合格率は、第一種(一次):24.1%、(二次):13.7%、

第二種(一次):24.1%、(二次):14.5%、第三種:9.1%程度である

(但し、科目合格を除く)

試験機関

一般財団法人日本ガス機器検査協会

一般財団法人 日本ガス機器検査協会
JIAは、公正中立な第三者認証機関として「製品認証」「マネジメントシステム認証」「環境ソリューション」をご提供しています。IATF16949、FSSC22000を始め、地球環境では森林認証、CO2排出量検証、土壌汚染調査・対策で高い評価を受けています。

TEL:03-3960-0159

一般財団法人 電気技術者試験センター

一般財団法人 電気技術者試験センター

TEL:03-3552-7691

 

3.まとめ(所感)

 

・免状の種類でガス主任技術者が甲・乙・丙種であるのに対して、電気主任技術者は第1・第2・第3種と呼び方が違います。しかし、保安の監督範囲が、ガス圧や電圧で区分しているところは、似ていると感じました。

 

・受験料は似たような金額です。但し、受験者数が多い電験3種については、他と違い半額以下となっています。

 

・難易度は、電気主任技術者の方が、各クラスともに難関です。但し、受験者の職業上の経験値にもよります。

 

・受験資格には、いずれも制限がなく、どなたでも勉強してチャレンジできる資格であるため、興味のある方はチャレンジしてみてはどうでしょうか。

 

 

関連記事: 【電気事業法】電気主任技術者(電験)1種・2種・3種の保安監督範囲

【電気事業法】電気主任技術者(電験)1種・2種・3種の保安監督範囲
【電気事業法】電気主任技術者(電験)1種・2種・3種の保安監督範囲 電気主任技術者は、免状の種類で第1種、第2種、第3種に分かれており、事業用電気工作物の工事・維持・運用に関する保安監督できる範囲に違いがあります。以下に...

 

厳選記事リンク1: 【100記事投稿記念】筆者が選ぶ厳選21記事

 

厳選記事リンク2: 【150記事投稿記念】筆者が選ぶ厳選15記事

以上

<転職支援サービスの紹介>

電気・機械・建築・土木・IT系技術職の転職を総合的に支援する。登録してみて自分の市場価値を把握し、転職のプロのサポートを受けてみてはいかがでしょうか。↓

JACリクルートメントは管理・専門職、ミドル・ハイクラス向けの高年収層に特化した転職エージェントです。↓

ウズキャリとは10代~20代の第二新卒・既卒・フリーター・ニートを対象とした就職エージェントです。既卒・第二新卒・フリーター・ニートの内定率83%以上です。↓

日総工産は全国に拠点を持つ、人材サービス企業です。
勤務地・収入など、ご希望に合った工場系のお仕事をご紹介し、安心して働いていただける環境づくりをしています。↓

JACの取引実績3,000社を超える外資系企業から依頼されている求人情報のほか、求職者の転職意欲に合わせた活動方法も紹介しています。↓

日本初の退職代行サービス「EXIT」は、 累計2500人以上(業界トップ)の退職代行を実施、退職成功率は「100%」だから安心してお任せできます。↓
退職代行EXIT

<通信講座の紹介>

かつて私が受講し合格できた「挑戦!電験二種受験合格講座」を初め、電験3種、電工1・2種、消防設備士、危険物取扱者、1・2級土木施工管理技士など豊富なエンジニア系の通信講座を扱っています。「挑戦!電験二種受験合格講座」のテキストは、東電の方をメインとして各部門のエキスパートの方が、それぞれの専門分野を章毎に執筆しています。また、質問券に対して丁寧な回答を頂きました。貴重で密度の濃い通信講座です。↓

【ヒューマンの通信講座*『たのまな』】 全国にスクールがある『ヒューマンアカデミー』の通信講座。講座は130以上!

スタディング技術士講座(短期間で技術士に合格!) 1.論文対策・口頭対策をマンツーマン指導 2.経験豊富な講師による二次対策オンライン講座 3.添削機能で直接講師の指導が受けられる お試し無料講座あり のある方は、下記をクリックして下さい↓

スタディング技術士講座

以下は、第1種および第2種 電気工事士試験専門の通信講座です。重要なポイントさえ押さえることができれば、短期で対策ができます。電気工事士のエキスパート、早川先生のライブ講義で効率的に短期合格を目指しましょう。↓

【第1種電気工事士 短期合格特別講座】 【第2種電気工事士 短期合格特別講座】

以下は、施工管理技士の国家試験専門の通信講座で、「電気工事」「管工事」「土木」「建築」「造園」「舗装」「建設機械」に関する「1級」や「2級」、及び「学科/実地」や「実地のみ」とバリエーションが豊富な独学サポートの通信講座です。↓

1級電気工事施工管理技士[独学サポート・実地論文の作成指導あり、※1級電気以外の申込み方は、スマホではなく、パソコンからクリックしてください]

以下は、電気工事士、電験3種、管工事・土木施工管理技士、危険物取扱者、衛生管理者など多数のエンジニア資格を扱う通信講座です。↓

以下は、電験3種、衛生管理者、危険物取扱者(乙4)、2級土木施工管理技士などのエンジニア資格を扱うeラーニング(インターネット学習)の通信講座です。↓

eラーニング通信講座 ゼミネット

コメント

タイトルとURLをコピーしました