【資格の保有者講習】危険物取扱者保安講習の受け方・内容・受講した感想

スポンサーリンク
危険物取扱者(乙種第4類)

【資格の保有者講習】危険物取扱者保安講習の受け方・内容・受講した感想

※講習の対比記事として、『【資格の保有者講習】消防設備士講習の受け方・内容・受講した感想』を作成しております。末尾に、リンクを貼りましたので、興味のある方は、参照して下さい。

私は、危険物取扱者の乙種第4類を保有しており、危険物取扱者の保安講習を数年前に受講しました。

今回は、そもそもなぜ受けなければならないのか、その受け方、受講内容、受講した感想などを紹介します。

1.危険物取扱者 保安講習の受講義務

消防法(法律)第13条の第23項、及び、危険物の規制に関する規則(総務省令)第58条の第14項に基づき、危険物の取扱作業に従事している人は、都道府県知事等が行う保安に関する講習を受講しなければなりません。

(トラベルデパート) 安心の3年保証 超軽量スーツケース コインロッカーサイズ TSAロック搭載 機内持込み ファスナータイプ ダイヤル式 保管カバー付 (パステルブルー)
トラベルデパート
汚れにくく、お手入れ簡単のエンボス加工。丈夫で超軽量なABS素材。四輪キャスターは静音設計。アメリカ・カナダ・ハワイ旅行の必需品「TSAロック」搭載。ファスナータイプのダイヤルロック式

2.受講対象者

(1)継続従事者

前回保安講習を受講した日以後における最初の4月1日から3年以内に受講しなければなりません。

これは消防設備士の講習、5年以内よりも厳しい条件だと思います。

(2)新たな従事者や従事再開者

従事することになった日から1年以内に受講しなければなりません。

消防設備士の場合には、業務上使用いていない人でも講習受講の義務があるため、このような条件はありません。但し、受講期間を経過している人は、受講義務の条件があります。

(3) (2)該当者で過去2年以内に免状交付や保安講習を受けている者

免状交付日、または保安講習の受講日以後における最初の4月1日から3年以内に受講しなければなりません。

これは消防設備士の講習、2年以内よりも少し緩和されています。

3.申込む前の準備

(1)写真の書き換えが必要なケース

危険物取扱者の免状は、10年以内に写真の書き換えが必要です。

古いままだと、保安講習を受けられないため、写真の書き換えが必要となります。保安講習の修了記録は、新しい免状の裏面に、講習受講後に記録してもらいます。

a.写真書き換えの申請書

一般社団法人 消防試験研究センター のホームページよりダウンロードできます。

以下に、リンクを貼りました。

一般財団法人消防試験研究センター
国家資格である危険物取扱者試験と消防設備士試験の実施機関です。

b.写真書き換えの費用

1,600円

申請先の道府県の収入証紙を購入し、申込書裏面の下部に貼って申請する必要があります。

広島県は、県が指定する金融機関等に納付した後、払込証明書の原本を申請書裏面の下部に貼って申請する必要があります。

東京都の場合は2パターンあり、
中央試験センターに申請する場合は、中央試験センターか東京消防庁消防試験講習場で配布している専用の納付書で東京都が指定する金融機関等に納付した後、領収証書の原本を申請書に添えて申請する必要があります。
東京都内の消防署に申請する場合は、窓口で現金による納付となります。

その他、証明写真をお店で撮る場合には、その費用が必要となりますが、私はスマホで撮影し、光沢写真用紙に印刷しましたので、写真の費用は特にかかりませんでした。

c.写真書き換えの申請先

(a)居住地又は勤務地の都道府県の消防試験研究センター支部

(b)免状交付を受けた都道府県の消防試験研究センター支部

(c)居住地又は勤務地あるいは免状交付を受けた場所が東京都の場合は、中央試験センターか東京都内の消防署

(2)受講申請書(申込書)・申請書の送付封筒を貰いに行く

申請書用紙(送付封筒を含む)は、各消防本部(署)ほか、講習機関である各地方の危険物安全協会連合会などにあります。

私は、近くの消防署に電話して、受講申込書があるのを確認してから直接貰いに行きました。

4.危険物取扱者 保安講習の主催機関

各都道府県の危険物安全協会となります。

以下にリンクを貼りました。

各都道府県の危険物安全協会|(一財)全国危険物安全協会
「一般財団法人全国危険物安全協会は、安全思想の普及啓発、危険物取扱者の資質の向上や調査研究、定期点検制度の実施等、危険物災害を防ぐために幅広い事業を展開しています。」

5.受講申請書(申込書)の作成

受講申請書の作成は、簡単です。

氏名、住所、電話番号、生年月日、事業所名、事業所住所、講習区分、希望開催地、講習月日、免状交付月日、交付番号、交付知事を記入して申請書の作成は終わりです。

他に、受講票に受領先の住所・氏名を記入しておきます。後に受講番号、受講日、及び講習会場が記載されて返送されてきます。

申請書の裏面には、収入証紙を貼る欄があります。

6.講習の区分

(1)一般

給油取扱所(通称ガソリンスタンド)及び石油コンビナート以外の施設において危険物の取扱作業に従事する危険物取扱者を対象とした講習

(2)給油取扱所(給取)

給油取扱所において危険物の取扱作業に従事する危険物取扱者を対象とした講習

(3)石油コンビナート(コンビ)

石油コンビナート等災害防止法上の特定事業所の危険物施設(給油取扱所に該当する危険物施設を除く)において危険物の取扱作業に従事する危険物取扱者を対象とした講習

(4)消防設備士 講習との比較

消防設備士の講習区分は、資格の分類により4区分に分かれているが、危険物取扱者の保安講習は、上記のように取扱う危険物施設の分類により3区分に分かれている違いがあります。

7.受講費用

4,700円

都道府県の収入証紙を買って、申請書の裏面に貼ります。

8.受講申請書の受付・締切

送付先は、貰った送付封筒に書いていますので、簡易書留封筒となっておりますので、400円近くの送付費用がかかりました。

10日前までの提出が必要です。

なお、定員に達した場合は、受付期間中であっても締切る場合がありますので、受講日を決めた人は早めに申込みましょう。

IKSTAR 座布団 低反発クッション 椅子 オフィス 通気性 ブラック
IKSTAR
【長時間座る方にオススメの座布団です】長い時間座っていると腰などへの負担は大きくになります。この座布団は上質な低反発素材を採用し、お尻がかかる圧力を優れた分散できにより、座り心地抜群です。お尻を包んで支える立体構造、長時間でもラクに座っていられる低反発クッションです。

9.講習時間と講習科目

講習の時間は、3時間です。午前か、午後となっていますので、それぞれの講習区分で確認してください。

講習科目は、「危険物関係法令に関する事項」と「危険物の火災予防に関する事項」の2科目になります。

10.講習内容

・私は、講習区分が「一般」で受講しましたので、その内容で紹介します。

・テキストが配られ、大画面のスクリーンに事前に撮影した講習映像が映し出される形式で講義は進められます。

・危険物関係法令の改正に関して3カ年分の改正内容の紹介がありました。つまり、規定周期の3年ごとに受ければ、改定内容が把握できる仕組みとなっています。

・危険物の災害状況の紹介とリスクアセスメントの重要性が紹介されていました。

・災害事例としては、「静電気による製油所内の引火」、「移動貯蔵タンクの爆発火災」、「トルエンやシクロヘキサンの小分け作業時の火災」など労働安全コンサルタントとしては、化学の分野の事例が多かった印象ですが、製造時の機械作業や、設備の電気工事に関する事例もありました。

・規制による対策内容の紹介がありました。「危険物施設別点検の要点とチェックポイント」は、それぞれの施設で活用できるポイントの紹介がありました。

・危険物施設の震災対策として、地震による災害として「平成15年十勝沖地震」「東日本大震災」の被害状況とそれらを踏まえた対策の紹介がありました。

11.講習の感想

・150人ぐらいの人が一つの会場に集まり、講義は、大画面スクリーンで録画(テキストの掲載ページ付)を見ながら、淡々と進んでいきました。

・テキストは、5章の構成で分れており、章毎にコラムが1~3件程度載っていて、そのコラムは参考になりました。「ノウホワイ(know-why)」、「静電気事故を防ぐポイント」、「腐食とその防止方法」などです。

・テキストの末尾には、参考資料が掲載されており、「緊急時応急措置指針」、「工事中の安全対策」、「工事中の安全教育」、「事故時の対応」など6項目が掲載されていて、安全管理の参考となる構成となっています。

・危険物への火災を防ぐには、静電気事故を防ぐことが重要だと実感しました。

・製造所とは、何らかの作業工程を経て最終製品が危険物となるものを製造する施設であり石油精製業などが該当し、「建築物の構造等」に規制があり、屋外設備や機械器具、及び取扱いタンクなどのチェックポイントが多い。

・一般取扱所は、指定数量以上の危険物を取り扱う施設で、給油取扱所、販売取扱所、移送取扱所に分類されない取扱所は、全て一般取扱所に該当します。

・給油取扱所は、屋外と屋内に分かれますが、普通のガソリンスタンドでも分るとおり、給油設備の周りに柱と屋根がある屋外が一般的ではないでしょうか?少ないですが、建物の中に入って給油する屋内給油取扱所も写真が掲載されていたため、存在するようです。

・最近のガソリンスタンドは、セルフスタンドが主流になってきました。「静電気除去シートに触れること」、「給油中のエンジン停止」などの基本的なことを守って、少子高齢化による労働人口の減少対策に社会全体で安全に取り組んでいく必要があります。

・開催地方によって、年間の実施回数が違うため、受講の対象年度の人は、年度初めに、いつ受けるか早めに希望日を決めて、希望日の数か月前になったら余裕を持って申込むことをお勧めします。

・但し、一度納付した受講手数料や申請書は返してもらえませんが、特別な都合で受講できなかった場合には、年度内で実施される他の会場での受講も可能のようです。年度の早めの開催で都合が悪くなった場合には、多少の融通は利くようですので、その際には講習機関に相談してみて下さい。

講習の対比記事:【資格の保有者講習】消防設備士講習の受け方・内容・受講した感想

【資格の保有者講習】消防設備士講習の受け方・内容・受講した感想
【資格の保有者講習】消防設備士講習の受け方・内容・受講した感想 私は、消防設備士の甲種第4類と乙種第7類を保有しており、消防設備士講習の講習区分、警報設備を先日、受講しました。 ※.以下の2冊は...

 

厳選記事まとめ1: 【100記事投稿記念】筆者が選ぶ厳選21記事

 

厳選記事まとめ2: 【150記事投稿記念】筆者が選ぶ厳選15記事

 

厳選記事まとめ3: 【200記事投稿記念】筆者が選ぶ厳選15記事

以上

MyeFoam マットレス 高反発 シングル 敷布団 ベットマットレス で首、肩や腰の悩みから解放」 防ダニ 抗菌防臭 厚さ3cm カバー洗える
MyeFoam
【ランキング1位商品】MyeFoamのマットレスは3年連続ベストセラー1位を獲得して、累計20万枚の実績を達しました。皆様のおかげさまでこちらの商品は【Amazon本当の5つ星商品】が当選されました。また、ダイアプレスが発行した雑誌にも掲載されております。

 

<転職支援サービスの紹介>

電気・機械・建築・土木・IT系技術職の転職を総合的に支援する。登録してみて自分の市場価値を把握し、転職のプロのサポートを受けてみてはいかがでしょうか。↓

JACリクルートメントは管理・専門職、ミドル・ハイクラス向けの高年収層に特化した転職エージェントです。↓

ウズキャリとは10代~20代の第二新卒・既卒・フリーター・ニートを対象とした就職エージェントです。既卒・第二新卒・フリーター・ニートの内定率83%以上です。↓

日総工産は全国に拠点を持つ、人材サービス企業です。
勤務地・収入など、ご希望に合った工場系のお仕事をご紹介し、安心して働いていただける環境づくりをしています。↓

JACの取引実績3,000社を超える外資系企業から依頼されている求人情報のほか、求職者の転職意欲に合わせた活動方法も紹介しています。↓

未経験OK、20代の理系に特化した就職、転職サービス!!UZUZ。理系(機械・電気電子・情報)出身の転職希望者に学歴を活かした就職先をご紹介。専攻学部・学科出身者の求人を数多く取り揃えています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました