【技術士二次試験直前対策】二次筆記試験 良い論文の条件について ~論文による試験官との対話~

スポンサーリンク
技術士二次筆記試験

技術士二次筆記試験の直前となりました。前回は「技術士二次試験直前対策」シリーズの第7弾として、「二次筆記試験 問題解決・課題遂行問題(原稿3枚問題)の答案構成について」として、「」と「見出し」を用いた答案作成の構成について解説しました。今回は第8弾として、「良い論文の条件について」ついて解説したいと思います。

まず、良い論文の条件について話す前に「試験とは何か」ですが、技術士二次筆記試験でズバリ言えることは、「試験官が受験者の答案論文を評価して、合否を判定すること」です。2013年度から2018年度までは、一部に択一式の問題があったため、マークシートの点数も関係していましたが、2019年度からは、全部が記述式となったため、試験官の全判定に委ねられることとなります。

すべては試験官側に主導権があるということを念頭に置いて、試験にあたる必要があります。

「自己満足」や「ひとり善がり」な文章を書いて、相手に何も伝わらないので意味がありません。

よって、二次筆記試験での良い論文とは、「試験で求められた解答すべき事項について整理し、試験官に伝えて理解し納得してもらえることが出来る」論文だと思います。

その条件について、以下に3つ記載しました。

1.解答事項が分りやすく整理されていること(具体的には、骨子や見出しで整理する)
2.試験官に分りやすく伝えること(具体的には、キーワードや要旨を分りやすく文書化する)
3.試験官があなたの解答を理解し納得してもらえること(具体的には、論理的で高等な専門的技術を駆使して問題解決策等を示すこと)

以上の3つの条件が揃っていれば、合格は間違いないと断言できます。

試験官は、何十人もの論文を「夏場の暑く、忙しい時期」に読んで採点しなければなりません。以上の3つの条件が揃っていれば、安心して合格の判定を下す事と思います。逆に、「なんじゃこりゃ?」となると、ため息が出て、更に論文によっては、「なんで、このくそ暑い時期に、意味不明な論文を読まなければいけないのか?」と怒りが込み上げてくるかも知れません。

このように、何十人もの論文を読んで相対的に比較した結果、上位の論文が高得点を得られるものと思います。

試験官に納得してもらうためには、以上の3つの条件を意識した論文構成に心掛けて仕上げることが重要だと思います。

以上

 


<通信講座の紹介>

スタディング技術士講座(短期間で技術士に合格!)
1.論文対策・口頭対策をマンツーマン指導
2.経験豊富な講師による二次対策オンライン講座
3.添削機能で直接講師の指導が受けられる
お試し無料講座あり
のある方は、下記をクリックして下さい↓

スタディング技術士講座

かつて私が受講し合格できた「挑戦!電験二種受験合格講座」を初め、電験3種、電工1・2種、消防設備士、危険物取扱者、1・2級土木施工管理技士など豊富なエンジニア系の通信講座を扱っています。「挑戦!電験二種受験合格講座」のテキストは、東電の方をメインとして各部門のエキスパートの方が、それぞれの専門分野を章毎に執筆しています。また、質問券に対して丁寧な回答を頂きました。貴重で密度の濃い通信講座です。↓

【ヒューマンの通信講座*『たのまな』】
全国にスクールがある『ヒューマンアカデミー』の通信講座。講座は130以上!

以下は、第1種および第2種 電気工事士試験専門の通信講座です。重要なポイントさえ押さえることができれば、短期で対策ができます。電気工事士のエキスパート、早川先生のライブ講義で効率的に短期合格を目指しましょう。↓

【第一種電気工事士 短期合格特別講座】

以下は、施工管理技士の国家試験専門の通信講座で、「電気工事」「管工事」「土木」「建築」「造園」「舗装」「建設機械」に関する「1級」や「2級」、及び「学科/実地」や「実地のみ」とバリエーションが豊富な独学サポートの通信講座です。↓

1級電気工事施工管理技士[独学サポート・実地論文の作成指導あり、※1級電気以外の申込み方は、スマホではなく、パソコンからクリックしてください]

以下は、電気工事士、電験3種、管工事・土木施工管理技士、危険物取扱者、衛生管理者など多数のエンジニア資格を扱う通信講座です。↓

以下は、電験3種、衛生管理者、危険物取扱者(乙4)、2級土木施工管理技士などのエンジニア資格を扱うeラーニング(インターネット学習)の通信講座です。↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました