法令関係

スポンサーリンク
電気工事士(第1種)

【電気工事業法】目的や事業者の種類 ~主任電気工事士や業務規制~

【電気工事業法】目的や事業者の種類 ~主任電気工事士や業務規制~ 電気工事業法は、正式に「電気工事の業務の適正化に関する法律」といいます。 電気工事士法は、資格取得者や資格保有者に関する法律であ...
電気主任技術者(第1種、2種、3種)

【電気事業法】主任技術者免状の種類と保安範囲 ~選任義務や取得方法~

電気事業法第44条で主任技術者免状の種類と保安範囲が規定されています。 今回は、電気事業法上での主任技術者に関する内容をピックアップして解説します。 1.主任技術者免状の種類と保安範囲(電事法第...
電気主任技術者(第1種、2種、3種)

【電気事業法】一般電気事業者と新電力の違い ~電力自由化後の電気事業体制~

1.一般電気事業者とは 一般(工場や家庭等)の需要に応じて電力の小売業を主に行っている会社のことをいいます。日本で主に挙げられる一般事業者は、北海道電力・東北電力・東京電力・北陸電力・中部電力・関西電力・...
電気主任技術者(第1種、2種、3種)

【電気設備技術基準】接地工事の種類・施工・注意点

1.電気設備の接地工事の種類と施工 電気設備の接地は、感電や火災から人や物を守る上で規定通りに施工することがとても重要です。 今回は、電験や電気工事士の試験でも良く出題される「接地」について「電気設備技術基準(通称...
電気工事士(第1種)

【電気工事士法】目的・電気工事の種類と資格・義務 ~一般用・自家用電気工作物や特種電気工事資格者について~

1.電気工事士法の目的・電気工事の種類と資格・義務 ~一般用・自家用電気工作物の定義~ 最大電力500kW未満の需要設備(非常用発電設備は含まれる)である自家用電気工作物の電気もこの法律の規制にかかります。 ...
資格取得・マインド(共通)

【資格取得】各エンジニア国家資格の基となる法律 ~法令の所管~

0.各エンジニア国家資格の基となる法律 ~法令の所管~ エンジニア国家資格は、それぞれ何らかの法令に基づき、制度化されています。 今回は、私が取得してきた資格について、それぞれどのような法律に基づき、制度化され...
本物温泉の知識

【源泉かけ流し温泉】ホンモノ・ニセモノ・マガイモノ温泉の区分

40代後半から免疫力は低下します。 健康なうちから、ホンモノ温泉による湯治を始め、新型ウイルス等に対する免疫力を養いましょう。 以下に、「ホンモノ」「ニセモノ」「マガイモノ」温泉の区分を中心に紹介します。 1...
本物温泉の知識

【源泉かけ流し温泉】定義 ~温泉法、自家源泉、共同源泉とは~

資格の定義については、数件の記事を載せていますが、今回は、「源泉かけ流し温泉」の定義について記載します。 なお、この定義については、「日本源泉かけ流し温泉協会」の「源泉かけ流し温泉 とは」を参考にしました。冒...
危険物取扱者(乙種第4類)

【資格の概要】危険物取扱者とは ~甲・乙・丙種と分類について~

Wikipediaによると、危険物取扱者(きけんぶつとりあつかいしゃ、Hazardous Materials Engineer)は、消防法に基づく危険物を取り扱ったり、その取扱いに立ち会うために必要となる日本の国家資格です...
電気工事士(第1種)

【資格の保有者講習】第1種電気工事士の定期講習 ~実施機関の比較や受講の感想~

資格を取得した後に、技術の進歩や法令の改定などの知識の更新を目的とした定期講習が義務付けられている資格があります。   私は、講習の義務がある資格をいくつか保有しており、何種類かの定期講習に参加した経験があります。また、...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました