工事・施工系

スポンサーリンク
電気工事士(第1種)

【電気工事業法】目的や事業者の種類 ~主任電気工事士や業務規制~

【電気工事業法】目的や事業者の種類 ~主任電気工事士や業務規制~ 電気工事業法は、正式に「電気工事の業務の適正化に関する法律」といいます。 電気工事士法は、資格取得者や資格保有者に関する法律であ...
電気工事施工管理技士(1級)

【資格の活用】電気工事士と電気工事施工管理技士の組合せによる相乗効果(ダブルライセンスのメリット)

1.私の保有資格と資格概要   私は、第1種電気工事士と1級電気工事施工管理技士を保有しています。 第1種電気工事士の施工範囲は、 (1) 一般用電気工作物の電気工事(第2種電気工事士も施工可能な範囲) に加...
電気主任技術者(第1種、2種、3種)

【電気設備技術基準】接地工事の種類・施工・注意点

1.電気設備の接地工事の種類と施工 電気設備の接地は、感電や火災から人や物を守る上で規定通りに施工することがとても重要です。 今回は、電験や電気工事士の試験でも良く出題される「接地」について「電気設備技術基準(通称...
電気工事士(第1種)

【電気工事士法】目的・電気工事の種類と資格・義務 ~一般用・自家用電気工作物や特種電気工事資格者について~

1.電気工事士法の目的・電気工事の種類と資格・義務 ~一般用・自家用電気工作物の定義~ 最大電力500kW未満の需要設備(非常用発電設備は含まれる)である自家用電気工作物の電気もこの法律の規制にかかります。 ...
消防設備士(甲種第4類、乙種第7類)

【資格の活用】電気工事士と消防設備士の組合せによる相乗効果(ダブルライセンスのメリット)

1.私の保有資格と資格概要 私は、第1種電気工事士と消防設備士(甲種第4類、乙種第7類)を保有しています。 消防設備士の甲種第4類は、警報設備のうち、自動火災報知設備、消防機関へ通報する火災報知設備、ガス漏れ火災警...
電気工事施工管理技士(1級)

【資格受験全体の流れ】施工管理技士の種類・申込み・試験方法 ~合格基準・難易度~

【資格受験全体の流れ】施工管理技士の種類・申込み・試験方法 ~合格基準・難易度~ 私は、1級電気工事施工管理技士と1級管工事施工管理技士の試験に合格し、当時の国土交通大臣の氏名入りで「1級技術検定合...
電気主任技術者(第1種、2種、3種)

【資格の活用】電気工事士と電気主任技術者の組合せによる相乗効果(ダブルライセンスのメリット)

1.電気工事士の仕事(電気工事設計・施工の専門家) 電気工事士は、住宅、店舗、事務所、工場、病院、公共施設など、ありとあらゆる建物において、電気設備の設計・施工を行う仕事です。 いわゆる資格の分類でいえば、「業務...
技術士全般

【資格の概要】施工管理技士 ~建設業界・現場のトップ資格~

1.施工管理技士とは 施工管理技士(せこうかんりぎし)は、日本の建設業において特定業種の技術を認定した国家資格です。 施工管理技士の区分は1級、2級です。 施工管理技術検定は、建設業法第27条に基づく...
労働安全コンサルタント

【資格取得】技術系資格の受験手数料の比較 ~保有資格の受験料ランキング~

1.技術系資格の受験手数料 資格を受験する際には、申込時に受験手数料がかかります。なお、試験機関によって、「受験手数料」の呼び名が、「試験手数料」や「受験料」と異なります。 資格を取得するまでに...
電気工事士(第1種)

【資格の保有者講習】第1種電気工事士の定期講習 ~実施機関の比較や受講の感想~

資格を取得した後に、技術の進歩や法令の改定などの知識の更新を目的とした定期講習が義務付けられている資格があります。   私は、講習の義務がある資格をいくつか保有しており、何種類かの定期講習に参加した経験があります。また、...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました