設備・管理系

スポンサーリンク
消防設備士(甲種第4類、乙種第7類)

【資格の保有者講習】消防設備士講習の受け方・内容・受講した感想

【資格の保有者講習】消防設備士講習の受け方・内容・受講した感想 私は、消防設備士の甲種第4類と乙種第7類を保有しており、消防設備士講習の講習区分、警報設備を先日、受講しました。 ※.以下の2冊は...
電気主任技術者(第1種、2種、3種)

【資格取得】ガス主任技術者(甲・乙・丙種)とは ~電気主任技術者(電験)との比較~

ガス主任試験を受ける前と合格した後に読む本【電子書籍】価格:1430円 (2020/10/31時点) 楽天で購入 【資格取...
電気主任技術者(第1種、2種、3種)

【電気事業法】主任技術者免状の種類と保安範囲 ~選任義務や取得方法~

電気事業法第44条で主任技術者免状の種類と保安範囲が規定されています。 今回は、電気事業法上での主任技術者に関する内容をピックアップして解説します。 1.主任技術者免状の種類と保安範囲(電事法第...
電気主任技術者(第1種、2種、3種)

【電気事業法】一般電気事業者と新電力の違い ~電力自由化後の電気事業体制~

1.一般電気事業者とは 一般(工場や家庭等)の需要に応じて電力の小売業を主に行っている会社のことをいいます。日本で主に挙げられる一般事業者は、北海道電力・東北電力・東京電力・北陸電力・中部電力・関西電力・...
消防設備士(甲種第4類、乙種第7類)

【資格取得】消防設備士試験の種類と定期講習区分 ~取得種類の判断基準~

<私が乙種第7類、甲種第4類の試験勉強に使った教材です:お蔭様で一発合格できました> 【資格取得】消防設備士試験の種類と定期講習区分 ~取得種類の判断基準~ 1.消防設備士の取得種類の判断基準 これから消...
電気主任技術者(第1種、2種、3種)

【電気設備技術基準】接地工事の種類・施工・注意点

1.電気設備の接地工事の種類と施工 電気設備の接地は、感電や火災から人や物を守る上で規定通りに施工することがとても重要です。 今回は、電験や電気工事士の試験でも良く出題される「接地」について「電気設備技術基準(通称...
消防設備士(甲種第4類、乙種第7類)

【資格の活用】電気工事士と消防設備士の組合せによる相乗効果(ダブルライセンスのメリット)

1.私の保有資格と資格概要 私は、第1種電気工事士と消防設備士(甲種第4類、乙種第7類)を保有しています。 消防設備士の甲種第4類は、警報設備のうち、自動火災報知設備、消防機関へ通報する火災報知設備、ガス漏れ火災警...
電気主任技術者(第1種、2種、3種)

【資格の活用】電気工事士と電気主任技術者の組合せによる相乗効果(ダブルライセンスのメリット)

1.電気工事士の仕事(電気工事設計・施工の専門家) 電気工事士は、住宅、店舗、事務所、工場、病院、公共施設など、ありとあらゆる建物において、電気設備の設計・施工を行う仕事です。 いわゆる資格の分類でいえば、「業務...
労働安全コンサルタント

【資格取得】技術系資格の受験手数料の比較 ~保有資格の受験料ランキング~

1.技術系資格の受験手数料 資格を受験する際には、申込時に受験手数料がかかります。なお、試験機関によって、「受験手数料」の呼び名が、「試験手数料」や「受験料」と異なります。 資格を取得するまでに...
消防設備士(甲種第4類、乙種第7類)

【資格の保有者講習】定期講習が中止・延期となる場合の措置 ~新型コロナウイルスの影響~

年度末の3月に、資格の保有者が、定期的に受講する義務がある「消防設備士講習」を受講するために、5ヵ月前から申込んでおり、既に受講票が届いておりました。 昨今の新型コロナウイルスの影響で、受講日...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました