資格毎の試験区分

スポンサーリンク
電気工事施工管理技士(1級)

【資格受験全体の流れ】施工管理技士の種類・申込み・試験方法 ~合格基準・難易度~

【資格受験全体の流れ】施工管理技士の種類・申込み・試験方法 ~合格基準・難易度~ 私は、1級電気工事施工管理技士と1級管工事施工管理技士の試験に合格し、当時の国土交通大臣の氏名入りで「1級技術検定合...
エネルギー管理士

【資格受験全体の流れ】エネルギー管理士の試験区分と試験の流れについて

エネルギー管理士(通称「エネ管」)の試験区分は、専門区分が選択性となっており電気分野と熱分野あり、受験制約が無くだれでも受験することができます。なお、合格後の区分として、電気分野で合格しても、熱分野で合格しても、エネル...
電気主任技術者(第1種、2種、3種)

【資格受験全体の流れ】電気主任技術者の試験区分と試験の流れについて

電気主任技術者(通称「電験」)の試験区分は、第3種と第2種と第1種の3種類があり、受験制約はなくだれでも受験することができます。   試験の流れは、第3種と第2種・第1種とで違います。第3種は、1回のみの試験ですが、...
電気工事士(第1種)

【資格受験全体の流れ】電気工事士の試験区分と試験の流れについて

電気工事士の試験区分は、第2種と第1種の2種類があり、私は「第1種」で受験して合格し免状を申請しました。但し、「第2種」は、合格のみで免状を申請できますが、「第1種」は、第一種の申請には第一種電気工事士試験に合格し、電...
技術士二次筆記試験

【資格受験全体の流れ】技術士(二次試験)の試験区分と試験の流れについて

技術士を受験する技術部門は、21部門に分かれています。21部門の内訳は、機械、船舶・海洋、航空・宇宙、電気電子、化学、繊維、金属、資源工学、建設、上下水道、衛生工学、農業、森林、水産、経営工学、情報工学、応用理学、生物工学...
労働安全コンサルタント

【資格受験全体の流れ】労働安全コンサルタントの試験区分と申込・試験時期

労働安全コンサルタントの試験区分は、機械、電気、化学、土木、建築の5種類があり、私は「電気」で受験して合格し登録しました。但し、合格し登録後の業務は、試験区分に制限されません。例えば「電気」で合格しても、知見があれば「機械...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました